キャセイパシフィック航空、特製クラフトビール「ベッツィービール」第2弾を提供 長距離線全クラスとラウンジで

©Traicy Japan Inc,

キャセイパシフィック航空は、2017年に提供した特製クラフトビール「ベッツィービール」の風味と装いを刷新し、香港発着の全長距離路線の全クラスと、香港国際空港のラウンジで提供を開始した。

香港の醸造所であるグウェイロビール(Gweilo Beer)と共同開発した、シトラスの芳香を放つペールエールです。未焙煎麦芽を主原料とし、少量の焙煎麦芽を加えることでモルトの甘味やパン、ビスケット、キャラメルのほのかな香りを醸し出したほか、香港で調達したオレンジの果皮を煮沸の行程で加え、泡立ちや風味を際立たせている。グウェイロのエール酵母を使って発酵させた後に、シトラスとオレンジが香るホップでドライホッピングされ、アロマとフレーバーが仕上がる。

「ベッツィービール」は、キャセイパシフィック航空が導入した1機目の航空機で、1940~50年代にかけて活躍したダグラスDC-3型機の愛称「ベッツィー」にちなんで名付けたもの。初代の「ベッツィービール」は、一部路線に限定して提供していた。