【プレミア12】韓国、元MLBキム・ヒョンスの適時打などで3点リード! 豪州との開幕戦

©株式会社Creative2

韓国代表のキム・ヒョンス【写真:Getty Images】

韓国は来年の東京五輪出場権がかかっている

■韓国 – 豪州(プレミア12・6日・韓国)

「第2回 WBSC プレミア12」の1次ラウンドC組が6日、韓国・高尺スカイドームで開幕した。15年の第1回大会で世界一に輝いた韓国は豪州戦で2回に2点先制。3回には1点を追加して試合の主導権をつかんだ。

 2回、先頭のキム・ジェファンの四球などで1死二塁とすると、昨季までオリオールズ、フィリーズで2年間MLBでプレーしたキム・ヒョンスの中前適時打で先取点。続くミン・ビョンホンの左中間フェンス直撃の適時二塁打で2点目を奪った。

 3回には無死二塁からイ・ジョンフの適時二塁打で1点を追加した。来年の東京五輪出場権をかかる韓国。序盤で試合の主導権を奪い、地元は盛り上がりを見せた。(Full-Count編集部)