自民議員、辞任閣僚を擁護

見識、人物「信頼できる」

©一般社団法人共同通信社

 自民党の坂本哲志氏は6日の衆院予算委員会で質問に立った際、公選法違反疑惑で辞任した菅原一秀前経済産業相や河井克行前法相を擁護するとも取れる発言をした。両氏について「私が接してきた2人は見識、人物ともに信頼できる方で適任だったと思っている」と述べた。

 任命した安倍晋三首相を前に、菅原氏について「これ以上審議を遅らせてはいけないという強い責任感から辞任に至った」と強調。河井氏に関しては「酒の不当廉売を規制する法改正で一緒に汗を流した。法相としても適材適所だった」とした。

 公明党の伊藤渉氏は「1週間に2閣僚の辞任は怒りを通り越え、あきれる」と厳しく指摘した。