ヨルダンで観光客ら刺され負傷

日本人の被害情報なし

©一般社団法人共同通信社

 【カイロ共同】ヨルダン北部ジェラシュで6日、観光客とツアーガイドら8人が刃物で刺され負傷した。警察は男1人を拘束した。ヨルダンメディアが伝えた。現地の日本大使館によると、日本人の被害情報は入っていない。

 ヨルダン当局は刺された観光客は4人で、3人がメキシコ人、1人がスイス人だと発表した。負傷者が搬送された病院は取材に、観光客の容体は安定しているが、男を取り押さえる際に刺された治安部隊員が重傷だと明かした。事件の背景は不明。

 ジェラシュは首都アンマンの北約50キロにあり、ローマ帝国時代の都市遺跡で日本人の観光客にも人気がある。