ユーベ、1月にレアルと大型トレード画策か?

©フットボール・トライブ株式会社

ロドリゴ・ベンタンクール 写真提供:Getty Images

ユベントスが1月の移籍市場でレアル・マドリードと大型トレードを画策しているようだ。6日、イタリアメディア『カルチョメルカート』が伝えている。

今回の報道によると、ユベントスはマドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得にウルグアイ代表MFロドリド・ベンタンクールとのトレード移籍を目指しているよう。多くの中盤の選手を抱えるユベントスは少しでもMFの選手を減らし、前線でもプレーできるハメスと入れ替えたいと考えているようだ。

ベンタンクールとユベントスは今年の6月に2024年まで契約を延長したばかり。ベンタンクールにはマンチェスター・シティやバルセロナからの関心も噂されているが、果たして同選手はイタリアを離れることになるのだろうか。