村上佳菜子さん、女優にトライして「気持ちよかった!」フィギュアスケートを土台に、幅広い表現者へ

©株式会社サンケイリビング新聞社

11月27日(水)夜10時からBSプレミアムで、NHK名古屋放送局制作の愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」が放送されます。

出典:リビング名古屋Web

(=写真上)「黄色い煉瓦」場面写真/久田吉之助を演じる主演の安田顕さん

ドラマの舞台は100年前。フランク・ロイド・ライトは、帝国ホテルの壁面を黄色い煉瓦で飾ろうと、日本で唯一黄色い煉瓦を焼けた常滑の職人・久田吉之助(安田顕)に依頼します。けれど病のため右腕を失っていた吉之助は、多額の資金を受け取りながらも、黄色い煉瓦を納品させることはできず…。「ライトを騙した詐欺師」と後世語り継がれることに。果たして彼の本当の姿とは? 一人の男の人生を、現代と大正の2つの世界から紐解きます。

現代パートで、伝説の煉瓦職人・久田吉之助の実像に迫る女性フリーライターを演じたのが、地元出身のプロフィギュアスケーター・村上佳菜子さん。本作の重要な役どころを演じます。

出典:リビング名古屋Web

(=写真上)「黄色い煉瓦」場面写真/編集部でのシーン

「選手時代、私に質問してくださる記者の方をたくさん見てきたので、ライターは身近な職業。役のイメージが湧きやすかったです」と話す村上さん。最初、女優のオファーがあったときは、「うれしさと驚きが入り混じった感情!新しいことに挑戦するときは不安な気持ちもありますが、街並みや周囲の人が地元というだけで安心できました」と笑顔で振り返ります。

出典:リビング名古屋Web

(=写真上)「黄色い煉瓦」場面写真/常滑でのシーン

愛知県常滑市では、職人に取材するシーンなどを撮影(=写真上)。「実際の職人さんに、私がアドリブを生かして聞いていくというスタイルだったので、自分らしさを出せました。職人さんはサバサバした方が多く、取材自体を楽しむことが出来ました」

出典:リビング名古屋Web

(=写真上)「黄色い煉瓦」場面写真/常滑でのシーン

本作は、さまざまな年代の人に見てもらいたいという。「世界に通用する職人の生きざまを通して、あきらめないことの大切さを学べます。小さいお子さんにも見てもらいたいです」

フィギュアスケートの経験を糧に、氷上以外でも“表現者”として花開く

出典:リビング名古屋Web

(=写真上)10月、NHK名古屋放送局にて/村上佳菜子さん

女子フィギュアは、4回転の時代へ。現在、アイスショーを中心に活動している村上さんは「ジャンプも表現力もバランスがとれてこそフィギュアスケートの魅力。今はジャンプが注目される時代になっているけれど、ジャンプなしでも素晴らしいということを見せていきたいです。アイスショーでは、あえてジャンプなし、表現だけでお客さんを魅了することにチャレンジしています」と話します。

「ドラマ撮影はやりがいがあってすごく気持ちよかったです。徐々に氷ではないところの演技にも面白さを感じています。フィギュアスケートの経験が今、そして未来の私につながっていると思います」

出典:リビング名古屋Web

(=写真上)10月、NHK名古屋放送局にて/村上佳菜子さん

フィギュアスケートを土台に、幅広い表現者へ。村上佳菜子さんが女優初チャレンジしたドラマは、11/27(水)BSプレミアムで放送です。

愛知県発地域ドラマ『黄色煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~』

11月27日(水)午後10時~10時59分、BSプレミアム

出演/安田顕、村上佳菜子、佐野岳、小林豊(BOY AND MEN)、石橋けい、東根作寿英、大黒柚姫(TEAM SHACHI)/杉浦太陽、ダニエル・カール、団時朗、渡辺哲、平田満ほか