【台風15号】久留里城9日再開 秋の観光地巡るバス運行 /君津

©株式会社千葉日報社

台風15号による倒木で壊れた久留里城の塀(君津市立久留里城址資料館提供)

 台風15号による被害で長期休館が続いていた君津市の久留里城天守閣と久留里城址資料館が、9日から2カ月ぶりに再開することになった。

 被災後、山城跡の施設周辺は倒木が激しく、引き込み電柱の損壊による停電も続いた。このため一般の立ち入りを禁止し、復旧作業に職員も当たり、紅葉シーズンを前に再開の準備が整ったという。また、旧登城道は現在も通行できず、今後も復旧作業が続くことになる。

 本丸跡に天守閣が再建され、二の丸跡の資料館には久留里藩にまつわるよろいや刀剣などの武具、絵図、市内発祥の井戸掘り技術「上総掘り」の資料などを展示。今月下旬ごろには城址周辺の紅葉も楽しめる。

 9日からは、君津、市原、大多喜の3市町広域連携による秋の観光地を巡るバス「房総さとやまGO」が運行し、久留里城入り口もコースの一つになっている。

 開館時間は午前9時~午後4時半。月曜と年末年始休館(祝日は開館、翌日休館)。問い合わせは同資料館(電話)0439(27)3478。