島根県、学生ら対象のRuby合宿開催…応募は1/14まで

©株式会社イード

夏合宿のようす

島根県は2020年3月2日から6日までの4泊5日、全国の学生や25歳未満の求職者を対象に、横スクロールシューティングゲームの作成を通してRubyでのチーム開発を体験する「Ruby合宿2020春」を開催する。参加費は7,000円。応募はWebサイトにて受け付けている。

合宿では、プログラミング言語Rubyを使ってサンプルプログラムを参考に、チームで横スクロールシューティングゲームを作成する。さらに、Ruby開発者まつもとゆきひろ氏の講演会や、島根県内IT企業視察やIT企業との交流会も行われる。

対象は、大学、高専、専門学校、高校などの学生・生徒または25歳未満(2019年4月1日時点)の求職者。宿泊費・食費・傷害保険料などを含む参加費は7,000円。全国から30名程度を募集しているが、応募多数の場合は島根県在住者または島根県出身者を優先する。

応募は11月5日から2020年1月14日まで、Webサイトにて受け付けている。Webサイトでは、Ruby合宿で必要となるRubyの知識を学ぶための講義動画を公開している。また、2020年2月15日に松江オープンソースラボで事前講義を行う。事前講義はYouTubeでライブ配信もするので、リモートでのオンライン受講も可能。

◆Ruby合宿2020春

日程:2020年3月2日(月)~3月6日(金)4泊5日

会場:島根県立青少年の家 サン・レイク(島根県出雲市小境町1991-2)

※初日の集合場所は松江テルサ別館 松江オープンソースラボ

対象:学生(大学・高専・専門学校・高校など)または25歳未満(2019年4月1日時点)の求職者で参加条件をすべて満たす者

参加条件:

・チーム開発に興味のある者

・将来、ソフト系IT産業で働きたいと考えている者

・主催者が行うメールなどでのアンケートに協力できる者

定員:30名程度(応募多数の場合、は島根県在住または島根県出身者を優先する)

参加費:7,000円(宿泊費・食費・傷害保険料など)

※集合場所までの交通費は自己負担

外岡紘代