JDI有機EL月内にも量産化へ

アップルウオッチ向け

©一般社団法人共同通信社

米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」

 経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)が、米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」に使われる小型の有機ELパネルの量産を月内にも始める方向で調整していることが7日、分かった。

 長年にわたって課題となっていた有機ELの量産技術の第1弾が確立することになる。順調に出荷できれば、再建の一助になりそうだ。

 アップルウオッチ向けは茂原工場(千葉県茂原市)で生産する。今後は、より大型のスマートフォン向け有機ELの量産を目指す。現在、操業を停止している白山工場(石川県白山市)の活用も選択肢として検討している。