ミュージカル「サタデー・ナイト・フィーバー」、1970年代を彷彿とさせる衣装で記者会見!

©有限会社ルーフトップ

11月6日(水)日比谷・CLUB DIANAにて、 ミュージカル「サタデー・ナイト・フィーバー」記者発表が行われ、 主演のトニー役を務めるリチャード・ウィンザー、 公式サポーターのDJ KOO、 アン ミカが登壇。 リチャードはジョン・トラボルタスーツ、 DJ KOOは赤のスーツ、 アン ミカはシルバーのスパンコールドレスと、 それぞれ1970年代を彷彿とさせるような衣装で登場した。

映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が公開された頃(アメリカ1977年、 日本1978年公開)ディスコDJとしてデビューしたDJ KOOは、 「映画『サタデー・ナイト・フィーバー』は僕自身をDISCOに引き込んでくれた、 まさに青春。 」と話し、 ミュージカルについては「40年経って、 あの時代がまた新しく蘇る。 その熱気や、 元気のある時代がまた舞台で楽しめる」と期待の言葉を口にしていた。

『白鳥の湖』などのマシューボーン作品で、 リチャードの演技を観たことのあるアン ミカは、 「骨がセクシー。 ジョン・トラボルタに似てますよね!セクシーなダンスはもちろん、 繊細な表情をどう演じられるのか楽しみ。 」と熱弁。 公演については「時代を超えて皆さんが知る『サタデー・ナイト・フィーバー』の音楽。 その時代を知っている方からお孫さんまで、 親子三代で観にきていただきたいです。 」と語った。

リチャードは「キャストを代表して、 日本に来るのをとても楽しみにしています。 人生に対するエネルギーを楽しんでほしいです。 ぜひ観にきてください!」と公演をアピールした。

ダンスタイムでは、 会場に集まった100人の"盛り上げ隊”を前にリチャードがキレキレのダンスを披露した。 アン ミカとのペアダンスはまるでミュージカルシーンそのもの。 DJ KOOがこの日のためにアレンジしたプレイリストで会場は大”フィーバー”!本番を前に大盛り上がりで幕を閉じた。

ミュージカル「サタデー・ナイト・フィーバー」は2019年12月13日(金)から29日(日)まで、 東京国際フォーラム ホールCにて開催。 チケットはキョードー東京ほか各プレイガイドにて販売中。 詳細は公式サイトまで。

撮影:ヒダキトモコ