男児を平手でたたいた教諭を減給 やけど負わせた教諭も

©株式会社神奈川新聞社

川崎市役所

 川崎市教育委員会は7日、男児の頬を平手でたたいたとして川崎区の市立小学校の男性教諭(51)を、不注意で男子生徒に軽いやけどを負わせたとして多摩区の市立中学校の男性教諭(42)を、それぞれ減給1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市教委によると、小学校教諭は8月29日、校外学習のグループ分けに参加せずに折り紙をしていた男児を注意。折り紙を取り上げたところ「じじい、(教師を)辞めろ」などと暴言を浴びせられ、男児の左肩をつかんで立たせようとした。男児がその手を振り払おうとした際に、左頬を平手で1回たたいた。男児は鼻血を出したという。

 中学校教諭は7月11日、顧問をしている柔道部の練習で、遠心力で握力を鍛えるボール状のトレーニング機器を自ら使用。摩擦熱を帯びていた器具の一部分を誤って男子生徒の左腕に当ててしまい、軽いやけどを負わせた。

 市教委は両教諭の学校の校長に対し、口頭注意した。