ボクシング井上尚、WBSS頂点

判定勝ち、弟拓真は敗れる

©一般社団法人共同通信社

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズのバンタム級決勝で勝利し、トロフィーを手に喜ぶ井上尚弥=7日、さいたまスーパーアリーナ

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の26歳、井上尚弥(大橋)がWBA同級スーパー王者で36歳のノニト・ドネア(フィリピン)を3―0の判定で下し優勝した。

 世界ボクシング評議会(WBC)同級王座統一戦では暫定王者で井上尚弥の弟の23歳、井上拓真(大橋)が正規王者で33歳のノルディーヌ・ウバーリ(フランス)に0―3の判定で敗れた。

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズのバンタム級決勝の2回、ノニト・ドネア(左)を攻める井上尚弥。判定で下し優勝を果たした=7日、さいたまスーパーアリーナ