県内関係者ら社会の変化に期待 ALS舩後氏が参院委初質疑

©株式会社宮崎日日新聞社

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う参院議員の舩後靖彦議員(れいわ新選組)が参院文教科学委員会で質疑に臨んだ7日、県内のALS患者や障害者団体関係者からは「苦しんでいる患者が勇気づけられる」「障害がある人が輝ける社会の実現を」と期待の声が上がった。