堂本光一、『M-1』出場の後輩にアドバイス「舞台役者としてのおもしろさを」

©株式会社ドットレンド

KinKi Kidsの堂本光一が自身のラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で、後輩ふぉ〜ゆ〜の福田悠太と辰巳雄大について語った。

福田と辰巳はコンビ名『つ〜ゆ〜』として『M-1グランプリ2019』に出場。二回戦を突破したことでも話題を集めている。舞台で共演するなど、二人と親交が深い堂本は「びっくりしましたね、予選やるって聞いたとき」とM-1出場に驚いたことを明かした。

主演を堂本が務め、二人も出演する舞台『Endless SHOCK』の大阪公演のとき、各楽屋には「梅田芸術劇場のステージを使って、リハーサルのようなことをやる」という内容の紙が配られたそうで、堂本も袖から観ていたと告白。同舞台の打ち上げでは堂本から「二回戦でやるネタやれば?トレーニングになるじゃん」と提案し、ネタを披露してもらったと明かした。そのネタについて堂本は「俺がネタにされてましたね(笑)」と話し、笑っていた。

堂本は「彼らは芸人じゃないし、僕からみると舞台役者なんですよ。舞台役者としてのおもしろさっていうのをしっかり出せばいいんじゃない?って言いましたけどね」と二人にアドバイスを送ったことを告白。続けて勝手は違う部分もあるだろうし、お笑い芸人になれるわけでもないと話し「だけど舞台というところでずっと訓練を重ねてきたわけだから、舞台として演じるみたいな感じでやればいいんじゃない?って話はしましたけどね」と振り返った。

さらに堂本は二人のことを「でもすごいですよ、彼らの器用さっていうのは。ある意味尊敬します」と絶賛し「頑張ってほしいですね」とエールを送った。