【衝撃】エサをルアーで包み込む「包ワーム」が凄すぎた!

オーナーから発売されている「包ワーム」と「ピンテンヤ」。エサをルアーで包み込む斬新すぎるアイテムなんですが、これが凄かった!実釣インプレをお届けします。

©株式会社スペースキー

包ワームとピンテンヤ

08

最近、オーナーから発売された「包(ポウ)ワーム」と「ピンテンヤ」ってご存知ですか?

なにやら今までにない全く新しいタイプのアイテムなのだとか。

気になる……。

ってことで、今回は包ワームとピンテンヤを実際に使ってレポートしていきます!

テンヤとルアーのハイブリッド

タチウオ釣りの中でも人気の高いテンヤ釣り。

そのテンヤ釣りとルアーフィッシングを融合させたのが、包ワームとピンテンヤのようです。

聞くところによるとワームがエサを包み込み、抜群のエサ持ちを発揮するらしい……。

まずは観察するべし

さっそく入手した包ワーム。

じっくり観察してみましょう。

中にエサを仕込める

ワームは中空になっていて、中にエサを入れて使用します。

お尻にところのスリットからエサを入れるようです。

穴から匂いが出るらしい

側面には米粒ほどの穴がいくつか空いています。

この穴からエサの匂いが漏れ出し、タチウオを魅了するのだとか。

ワームは2種類

包ワームは、シャッドテールタイプとダートタイプ(ピンテール)の2種類がラインナップされています。

状況や誘い方に応じて使い分けることができそうです。

ホントに釣れるの?

正直な第一印象は「ほんとに釣れるの?」って感じ。

普通にルアー釣りしても同じなんじゃないかな? って思うのはぼくだけではないはず。

さて、ホントの実力を使って確かめてみましょうか!

包ワームを使ってみた

包ワームとピンテンヤの実力を確かめるべく、釣り場を訪れました。

前情報ではかなり渋いとのことなので、実力を確かめるにはもってこいの状況です。

エサは魚の身エサ

エサはキビナゴとサンマの切り身を用意しました。

どちらもタチウオ釣りでは定番のエサです。

投げて巻くだけ

パッケージの説明通りにエサと包ワームをピンテンヤにセット。

後は投げて巻くだけです。

今回はシャッドテールタイプを使用しました。

待望のヒット

ピンテンヤの10グラムをゆっくりと巻いていると、ググっと巻く手を止められるようなアタリ!

指3本クラスですが、待望の包ワームタチウオをゲットできました!

指4本の良型もキタ!

その後も釣りを続けているとすぐに、なんと指4本クラスの良型もヒット!

周囲のエサ釣りの方にはほとんどアタリがない中、包ワームに連発です。

包ワームめちゃ釣れるやん!

まさかの釣れっぷりにビックリ!

エサ釣りでアタリがない状況での連続ヒットは、間違いなく包ワームとピンテンヤのパワーを感じます。

めちゃ釣れるじゃん!

使ってみてよかったところ

ビックリの実釣性能をもった包ワーム&ピンテンヤ。

使ってみて感じた良かったところをご紹介します!

引き抵抗がグッド

今回メインで使用したシャッドテールタイプは適度な巻き抵抗があり、集中して釣りをすることができました。

プルプルとテールが動く感じが伝わってくるのもグッドです。

ワームが光ってアピール

包ワームにはグローカラーがラインナップされているので、普通のテンヤにはない強い光でアピールすることができます。

タチウオに夜光は間違いなく有効なので、エサの匂いと光で誘えるのが包ワームの強みです。

ワームが丈夫

包ワームは一般的なワーム素材とは違い、モチモチしてかなり強い素材でできています。

タチウオの鋭い歯でもズタズタになりにくく、長く使用することができそうです。

ハリがいい

今回釣れたタチウオはどちらもガッチリと掛かっていて、外すのに苦労するほどでした。

きっと針メーカーのこだわりが詰まってるのでしょう!

包ワームをガッチリホールド

ピンテンヤは包ワームに合わせた設計になっていて、包ワームをガッチリとセットできます。

実際に釣りをする中で、包ワームが外れたり無くなってしまうことは一度もありませんでした。

普通のワームもガッチリ

ピンテンヤには普通のワームもガッチリ固定することができました。

かなりガッチリなので、普通のジグヘッドよりもいいかもしれません。

気になる点

魅力がたくさんある包ワームとピンテンヤ。

でも、気になる点もいくつかありました。

エサがはみ出ちゃう

キビナゴを使っていたところ、しばらく投げているとエサがお尻のスリットや側面の穴からはみ出してしまうことが多々ありました。

ぼくのセットが下手なだけかもしれませんが、少し気になります。

ワームがグネりやすい

テンヤを巻いてくると、時折包ワームがグネっと曲がって帰ってくることがありました。

着水した衝撃で、エサをセットするためのフックや針に包ワームが引っかかってしまうようです。

やさしく投げてあげることをオススメします。

セットにコツがいる

かなりガッチリ固定できるピンテンヤですが、セットするときに少しコツが必要です。

いきなり釣り場で使うのではなく、家でセットする練習をしておくとスムーズに進められると思います。

慣れてしまえば簡単にサクッとセットできますよ!

エサはサンマが絶対おすすめ

キビナゴとサンマの切り身を使ってみましたが、ぼくのオススメは絶対にサンマの切り身。

キビナゴよりも圧倒的にエサ持ちが良く、ピンテンヤへのセットも楽でした。

半分にカット

釣り用で売られているサンマの切り身は少し大きいので、半分にカットして使いました。

包ワームに入れにくいですが、指で押し込むようにすれば入ります。

釣れる要素が満載だ!

ルアーの長所とテンヤの長所が、うまい具合に融合した包ワームとピンテンヤ。

これはタチウオ釣り界に新しい風が吹いた気がします。

皆さんもぜひ、包ワームとピンテンヤの実力を体感してみてください!
画像提供:六畳一間の狼