うんこ漢字ドリルで相談窓口PR

救急車の適正利用へ消防庁

©一般社団法人共同通信社

「うんこ漢字ドリル」のキャラクターを用いた消防庁のポスター(消防庁提供)

 総務省消防庁は8日、けがや急病で救急車を呼ぶかどうか迷ったときの電話相談窓口「#7119」を普及させるため、小学生向けの漢字練習帳「うんこ漢字ドリル」(文響社)とコラボしたPR活動を始めると発表した。人気を生かし、大人も子どもも相談窓口や、救急車の適正利用について知ってほしいとしている。

 ドリルは、全ての例文に「うんこ」という単語を使い、楽しく漢字を覚えられる。今回作ったポスターでは、キャラクターに「うんこが止まらない!迷ったら#7119へ」と笑いを誘う一言を添えて、相談窓口を紹介している。

 今後、消防庁のホームページに特別コーナーを設ける。