球際の攻防で優位に きょう8日からホームで青森戦 愛媛OV

©株式会社愛媛新聞社

松山市総合コミュニティセンターでのホームゲームをPRする愛媛OV・俊野主将=6日、松山市湊町5丁目

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区4位の愛媛オレンジバイキングス(OV)は8日午後7時からと9日午後3時から、松山市総合コミュニティセンターで東地区5位の青森と対戦する。

 愛媛OVはここまで6勝9敗で、前節は東京EXに1勝1敗だった。青森は4勝10敗で、今季愛媛OVとは初対戦。得点力の高い外国人選手への注意も必要だが、日本人選手による3点シュートやドライブでインサイドを攻め込む攻撃は侮れない。新加入選手を含め、経験豊富な選手が多いのも特長だ。

 一方、今季の青森はリバウンドによるボール保持に苦しむ傾向がある。リバウンドに力を入れる愛媛OVにとっては、球際の攻防で優位に立って試合を支配したい。5人が連係した効率の良い攻撃を続けられれば大量得点を奪うことも可能だ。

 愛媛OVはまだ1節2連戦で連勝したことがない。今季前半戦も中盤に差し掛かっており、今後上位進出を果たすためには今節に二つ勝ち星を稼ぐことが重要だ。

 今節は約1カ月ぶりの松山市総合コミュニティセンターでの開催となる。5、6日には俊野主将ら選手が街頭などに立ち、試合をアピールした。ホームで声援を送るブースター(ファン)のためにも、何とか連勝を届けたい。