たてやまニュース 来館者200万人到達 ”渚の駅”たてやま

©株式会社VOTE FOR

~さかなクンから台風被害のお見舞いメッセージ届く~
9月2日、”渚の駅”たてやまの来館者が平成24年のオープン以来、200万人を達成しました。
”渚の駅”たてやまは、千葉県から譲り受けた旧安房博物館を「渚の博物館」として開館し、その後、館山湾の魚達を水槽に再現した「海辺の広場」や鏡ヶ浦を一望できる「展望デッキ」を設け、平成24年に「”渚の駅”たてやま」としてオープンしました。

現在は商業棟も整備され、「館山なぎさ食堂」と直売所「海のマルシェたてやま!!」が旬の味覚を提供しています。
平成27年12月には、さかなクンが名誉駅長に就任し、「さかなクンギャラリー」を開設すると、来館者数が急増しました。

その後も、さかなクンのイラストを装った電動自転車「なぎちゃり」や、館山の海と空を360度楽しめるVR(疑似体験)、さらに、さかなクン出演の館山PR動画や、さかなクンデザインの建屋へ模様替えするなど、訪れる人に新たな魅力を提供しています。

記念すべき200万人目の来館者は、台湾南部でマンゴー農家を営み、農業視察団の一員で館山を訪れたI、Rさん夫妻。
記念セレモニーには金丸市長とダッペエも駆けつけ、金丸市長から200万人認定証、たてやまポートシスターズから「さかなクンTシャツ」などの記念品が贈られました。
Iさんご夫妻は「日本は7回目ですが館山は初めてです。私たちが200万人目と聞いて驚きとうれしさでいっぱいです。今度は子ども達も連れて家族で遊びに来たいですね」と話してくれました。

◇9月28日、さかなクンから、台風被害を受けた館山市にお見舞いのメッセージを頂きました。

館山市の皆々様
台風の影響で大変なことが、とっても多いと存じますが、みんなでたすけあい健康を大切に
これからもご一緒によろしくおねがいいたします。
令和元年9月28日 さかなクン

お見舞いのメッセージ色紙(渚の駅で展示中)