菊池桃子の再婚にツッコミ殺到!「長男まで養子縁組」「男は顔よりも…」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

菊池桃子 

(C)まいじつ 

女優の菊池桃子が経済産業省のエリート官僚、新原浩朗氏と再婚したことに対して、ネット上では早くも菊池の〝抜け目のなさ〟を指摘する声があふれている。

「11月5日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)では、出演者の元TBSアナウンサー安東弘樹が『ただただうらやましいです』と発言。また『浅草キッド』の玉袋筋太郎も『うらやましいどこじゃねえよ。こんちくしょうだよ。俺がどれくらい菊池桃子のウオッチャーだったかっていう。ファーストコンサート武道館、2列目の一番真ん中ってのは俺ですよ。ずーっとね、スクーター、バイクには桃子命って貼ってた男ですよ』と発言するなど、嫉妬の声が上がりました。お相手の新原氏が60歳で初婚だというのも、嫉妬に拍車を掛けているようです。世間一般の目で見れば、いくらトップ官僚とはいえ、見た目も普通のオジサンが元人気アイドルをゲットできるなど、誰も思っていなかったでしょうね」(芸能記者)

もっとも、菊池にしてみれば相手の容姿など全く気にする様子もなく、前夫との間にできた23歳の長男と18歳の長女を新原氏と養子縁組させるなど、再婚の手続きには怠りがない。

「菊池は、そのおっとりとした口調と顔立ちからおとなしい性格に見られますが、実は全くの正反対ですよ。前夫でプロゴルファーの西川哲と離婚したのも、西川の浮気が理由とされていますが、一番は金銭問題。トーナメントの予選突破すらできなくなった西川に〝見切り〟を付けたともっぱらです。エリート官僚の新原氏と結婚すれば、天下り先の給料から退職金まで今後一切、家計を心配する必要はありません。養子縁組させたのも、おそらく計算ずくでしょうね」(スポーツ紙記者)

 

「男は顔よりも地位と金なことがよく分かった」

ネット上では、

《結局、男は顔よりも地位と金なことがよく分かったわ》
《23歳の長男まで養子縁組かよ。新原さんの親戚も金が回ってこなくなってガッカリだろうなw》
《成人を過ぎた息子とも養子縁組させたって…何かナゾが多いな》
《前の旦那の西川哲もただのお坊ちゃまだった。すべては金ですよ》
《新原さんも最初から菊池を狙ってたらしいね。お互いの利害が一致したんだろw》

など、辛らつな意見が飛び交っている。

菊池は講演会でも相当の講演料を取りながら、写真撮影は絶対にNGという条件を付けるなど、その割り切った対応から〝銭ゲバ〟ぶりを指摘する声もある。客員教授を務める母校の戸板女子短期大学では、労働分野を専門にしていることから、ネット上では「官僚の〝天下り〟を厳しく追求してほしい」などと、皮肉る声も上がる始末だ。

さすが生き馬の目を抜く芸能界を勝ち抜いてきただけのことはある。先を見通す目は、トップ官僚の夫よりも秀でているかもしれない!?