鹿児島県長島町が舞台の映画「夕陽のあと」舞台挨拶と試写会へ行ってきました〜♪@ガーデンズシネマ

©株式会社サンケイリビング新聞社

こんにちは、2人の子どもの母、apple@chanです!

母親になって、はや7年。長女は、現在、小学1年生です。たくさんの人に支えられながら、なんとか日々奮闘し過ごしています。そんな子育て真っ最中の私が、とても気になる映画「夕陽のあと」の試写会へ行ってきましたよ〜!今回は、そのご報告をさせていただきます♪

鹿児島県長島町が舞台

出典:リビングかごしまWeb

「ふたりの母、ひとりの子」と記載された、ポスターのキャッチコピーが、とても気になりつつ、ガーデンズシネマの会場へ。

主演の貫地谷しほりさん

出典:リビングかごしまWeb
出典:リビングかごしまWeb

貫地谷さんは、撮影時のエピソードや、長島町の方々との交流エピソードなど、丁寧に思い出しながら、楽しそうに語ってくださいました。

それにしても、花柄の素敵なワンピースに負けないぐらいおキレイな方で、撮影しがいがあるとはこういうことなんだな〜と、ノリノリで撮影させていただきました。笑

出典:リビングかごしまWeb

越川監督は、作品への想いを中心に語っていらっしゃいました。特に地元の子供達の生き生きした姿を観て欲しいとのことで、二児の母親でもある私は、この後の上映への期待が、ますます盛り上がってきました!

11月9日から、ガーデンズシネマにて公開!

出典:リビングかごしまWeb

観終わっての感想…。とても、一言では言い尽くせません!!ただ、言えるのは、身近な大切な誰かに観て欲しい。そんな、映画です。内容はずっしりしていますが、背景で佇む長島町の風景や人々が、常に優しく包み込んでくれていて、心がホッコリする映画でもあります。

私は、映画が大好きでよく観ますが、素直にセンスのある映画だと感じます。監督の伝えたいこと、それを取り巻く長島町の街並みと人々。そして、夕日に映える長島町の海。すべては、観ていただき、それぞれの大切な方を想い浮かべながら、愛ってこういうことなのかもな〜って思っていただければ、それこそが、この映画の答えだと思います。

映画「夕陽のあと」は、11月9日よりマルヤガーデンズシネマにて公開されます。

上映時間はこちらで確認を→ https://kagocine.net/topics/weekly-timeschedule

皆さんも、ぜひ、ご覧ください!

映画「夕陽のあと」

豊かな自然に囲まれた鹿児島県長島町。

食堂で働きながら、地域の子どもたちを見守る茜と、

里子との特別養子縁組申請を控えた五月。

DV・乳児遺棄、養子縁組制度などの問題と向き合い、

母親になろうと懸命に生きる2人の女性の姿を描く。

監督:越川道夫

出演:貫地谷しほり、山田真歩、永井大、木内みどり

2019年/日本/ 133分

ガーデンズシネマ

鹿児島県鹿児島市呉服町6-5 マルヤガーデンズ7F

電話/099-222-8746

営業時間/10:00〜22:00(上映時間により変動あり)

定休日/原則第2火曜日(サービスデーに重なる場合は翌週)とマルヤガーデンズの定休日に準じる

ホームページ

Facebook

Twitter