スタントンが爆弾発言 「コールとストラスバーグを獲ろう!」

©MLB Advanced Media, LP.

2009年以来となる世界一奪還に向けて、大物選手の獲得が噂される今オフのヤンキース。フリーエージェント市場ではゲリット・コールとスティーブン・ストラスバーグが投手の目玉となっているが、ヤンキースの長距離砲、ジャンカルロ・スタントンは自身に権限があるのならば、両投手を獲得したいと考えているようだ。

スタントンはTMZスポーツに対して「コールとストラスバーグを獲得してチームが間違った方向に行くなんて有り得ない」と発言。さらに「ヤンキースにスーパースターが多すぎるなんてことはないんだ」とも語り、ヤンキースがコールとストラスバーグの両方を獲得することを望んでいることを明らかにした。

ヤンキースは今オフ、ルイス・セベリーノ、ジェームス・パクストン、田中将大らが形成する先発ローテーションにエース級の投手を加えることを検討しており、コールとストラスバーグのいずれかを獲得するのは現実的な選択肢と言える。しかし、スタントンの発言通りにフリーエージェント市場の投手の目玉をダブルで獲得するとなれば、球界に大きな衝撃を与えることになるだろう。

「ゲリットがヤンキースのファンとして育ってきたことは知っているし、彼はヤンキースに来たいと思うんだ。ストラスバーグも僕と同じ年にデビューしたし、僕のいるチームに来たいと思ってくれているんじゃないかな」とスタントン。これはあくまでもスタントンの楽観的な推測に過ぎないが、両者がヤンキース移籍を希望するのであれば、スタントンの補強案が実現する可能性もゼロではないのかもしれない。

また、スタントンは相次ぐ故障に悩まされ、わずか18試合の出場に終わった今季の失敗を繰り返さないよう、来季に向けての準備をすでに始めているという。スタントンが完全復活を遂げ、コールとストラスバーグが加入すれば、2009年以来11年ぶりとなるワールドシリーズ制覇が現実のものとなるかもしれない。