北川景子、ショートカットに! 日本を代表するクールビューティーが関係各所に了承を取りバッサリ!!

©TABLO

画像は北川景子2nd写真集『30』より

女優の北川景子さん(33)が、トレードマークだったサラサラロングをばっさり30cmカットし、クールな黒髪ショートに変身。大きくイメージチェンジされたのですが、その姿がとある女優さんにソックリだとネットが盛り上がっています。

北川さんは11月7日、自身のブログを更新。直木賞を受賞した島本理生さんの小説が原作の映画『ファーストラヴ』(2021年公開予定)で主人公の真壁由紀役を演じることになったという報告とともに、30cm以上切ったという黒髪ショートカット姿の写真を披露。

また新しい髪型について「昨年どこかの番組で『2019年はショートカットにする』とお話ししたような気がしますが、本当に切りました。襟足は膨らまないように少し刈り上げています。この役のために髪を切ることを快く承諾してくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました」と役作りのためにショートにしたことを明かし、ニューヘアのバックスタイルの写真も掲載していました。

北川さんは2003年の芸能界デビュー後、初めてのショートカットということで、ネットは大盛り上がり。「ショート似合いますね!」「美人は何をしても美人なんだね」「宝塚の男役みたいで素敵だと思った」と絶賛の嵐でした。

そんな中、ショートヘアの北川さんを見て、ベテラン女優を思い出した人も多かったようで、

「秋野暢子みたい」「以前から似てると思ってたけどショートにしたらもうそっくりやん!!」「めっちゃ似てる笑でもとっても似合ってて綺麗!」といった声が。また「吉田羊そっくりになってるってどういうこと」「椎名林檎かと思った!」「遠野なぎこにも見える」

といった声も上がっていました。

デビュー14周年にして、初めてショートヘアにイメージチェンジした北川さん。すでにロングヘア時代からクールビューティの名を欲しいままにしていましたが、ショートにしてさらにシャープさが増した感があります。弁護士や警察官、医者といった“デキる女”の役がハマるルックスになったことで、ますます演技の幅が広がりそうですね!(文◎小池ロンポワン)