東村山駅の改札が地下に切り替わります

©株式会社VOTE FOR

東村山駅付近の連続立体交差事業の進捗に伴い、11月30日(土)の始発電車より、東村山駅の改札が現在の橋上駅舎から北側の改札地下通路へと切り替わります。改札地下通路への切り替えに伴い、現在の橋上駅舎(今後の東村山駅のイメージ図については市報ひがしむらやま2ページを参照)は閉鎖され、順次解体されます。
皆さんにはご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願いします。

◆連続立体交差事業
連続立体交差事業は、東村山駅付近の約4.5kmの区間について鉄道を高架化し、道路と鉄道とを連続的に立体交差化するもので、これにより府中街道等にある5か所の踏切がなくなります。
連続立体交差事業や鉄道付属街路事業等を一体的に進めることで、鉄道により分断されていた地域の一体化を図り、安全で快適なまちづくりを目指しています。市では引き続き、事業主体である都および西武鉄道株式会社と連携し本事業を推進しますので、ご理解、ご協力をお願いします。

問合せ:
▽連続立体交差事業について
・東京都建設局道路建設部鉄道関連事業課
【電話】03-5320-5334

▽工事について
・西武鉄道株式会社連続立体交差化事務所
【電話】042-392-7510

▽駅周辺まちづくりについて
・市・まちづくり推進課