いじめ被害教諭が公務災害を申請

神戸市、教諭間トラブルでは異例

©一般社団法人共同通信社

 神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、精神的に不安定になって9月から欠勤している被害者の男性教諭(25)が8日、代理人を通じて、公務員の労災に当たる公務災害認定を申請したことが、市教育委員会への取材で分かった。地方公務員災害補償基金神戸市支部が認定するかどうか判断する見通し。

 市教委は、教職員の公務災害は通勤中や体育指導中のけがに関するものが多く、教諭間のトラブルでの申請は異例としている。

 市教委によると、男性教諭は激辛カレーを無理やり食べさせられたり、尻をたたかれてみみず腫れになったりする被害を受けた。