うっすら“綿帽子”

室蘭岳初冠雪

©株式会社室蘭民報社

初冠雪した室蘭岳

 室蘭地方気象台は7日、室蘭岳(標高911メートル)で初冠雪を観測したと発表した。平年より10日遅く、昨年より10日早い。

 低気圧が通過し、職員が同日午後2時ごろ、目視で初冠雪を確認した。室蘭岳の頂上はうっすらと白い雪に覆われ、冬の訪れを告げていた。

 同気象台によると、各地の最低気温は、登別が氷点下0.7度(平年2.4度)、豊浦大岸が同2.1度(同0.9度)など5観測地点で今季最低を観測。室蘭は4.0度(同5.3度)で、11月中旬から下旬並み。

 きょう8日の室蘭の予想最低気温は3度。終日曇りで推移する見通し。
(西川悠也)