お知らせ情報+(プラス)(5)

©株式会社VOTE FOR

■「第14回日光市駅伝競走大会」参加チーム募集
12月15日(日)に開催する駅伝に出場するチーム(一般・中学生)を募集します。
内容:
・一般の部
午前10時、日光運動公園スタート(27.8km)

・中学生の部
午前10時50分、鬼怒川レジャー公園駐車場スタート(13.9km)

費用:1チーム5,000円(一般の部)
※中学生は無料

申込:申込書に必要事項を記入の上、参加費を添えて11月25日(月)午後5時までに問合先へ持参
※申込書は問合先で配布の他、市体育協会ホームページからもダウンロード可
【URL】http://www.nikko-sports.org/

問合せ:市体育協会(スポーツ振興課内)
【電話】0288-21-5183

■住宅に関する助成などのご案内
◆ブロック塀等撤去費補助制度
市は、市内に築造された危険性のあるブロック塀等の撤去工事等に要する経費の一部を補助します。

●危険性のあるブロック塀等とは
ブロック塀等のうち、一般通行のための道路など(道路、公園、公共施設の敷地など)に面し、道路などの地面からの高さ(ブロック、石、その他これらに類する材料を使用していない部分の高さを除く)が80cmを超えるもの(擁壁などの上に築造されている場合は、当該擁壁などを含めた高さの合計が80cmを超え、かつ当該擁壁などを除く部分の高さが60cm超えるもの)

●対象事業
次のいずれにも該当する工事
(1)ブロック塀等を解体し、撤去する工事(ブロック塀等の高さを減ずる工事を除く)であること
(2)ブロック塀等の撤去工事は、市の登録業者が行うこと

●対象者
補助対象工事を行う者(契約者)かつ市税などの滞納のない方

●補助金額
「撤去費用(見積金額)」と「撤去するブロック塀等の面積×1万円/平方メートル」のいずれか少ない額の2分の1以内の額、かつ1敷地につき10万円以内
※補助金を申請する前に工事に着手をしたものは対象となりません。原則として令和2年3月31日までに完了報告ができるものが対象です。また、この他にも要件がありますのでお問い合わせください

◆長期優良住宅認定制度
市は、住宅を長期にわたり使用することにより、省資源・環境負荷の低減、建て替え費用負担の低減、住宅資産価値の向上につながるという観点から、長期優良住宅の認定を行っています。
市内で住宅を新築、または既存住宅の増築、改築をご予定の方は、ぜひこの制度をご利用ください。

●対象住宅
長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定された認定基準を満たした住宅

●認定手数料
一戸建て住宅で26,000円から

●税の特例など
認定されると、補助金、住宅ローンの金利引き下げ、税の特例などを受けることができます
《例》
・長期優良住宅化リフォーム推進事業による補助
対象工事費用の1/3を補助(限度額200万円/戸)

・住宅ローンの金利引き下げ
フラット35S、フラット35リノベにおいて当初10年間金利引き下げ

・所得税(住宅ローン減税)
ローン残高の一定割合を控除

●受付期間
通年

申込・問合せ:建築住宅課
【電話】0288-21-5197

■2020年農林業センサスを実施します
令和2年2月1日を基準日として、「農林業の国勢調査」といわれる「2020年農林業センサス」を全国一斉に実施します。
この調査は、農林業・農山村の動向を地域ごとに明らかにし、次世代に継承する施策の企画・立案に活用するために、5年ごとに実施される非常に重要な調査です。
1月中旬から「調査員証」を身に付けた「統計調査員」が農林業を営んでいる方を訪問して調査を実施します。
なお、調査票に記入した内容は、統計法に基づき秘密は厳守され、統計作成の目的以外(税の資料など)に使用することは絶対にありません。
調査の趣旨と必要性にご理解ご協力をお願いします。

◇調査概要
調査対象:農林業経営体
調査期日:令和2年2月1日
調査事項:
・経営の態様
・世帯の状況
・経営耕地面積 など

・農業用機械の所有
・農作物の作付面積
・農産物の販売金額
・保有山林面積
・林産物の販売金額 など

問合せ:総務課 統計係
【電話】0288-30-3906

■パブリックコメントを実施します
パブリックコメント(市民意見募集)制度とは、市が、重要な政策などを定めようとする場合に、あらかじめ政策の案や計画を公表して、その案などについて広く市民の皆さんから意見を募集し、出された意見を考慮した上で最終的な意思決定を行う手続きのことをいいます。
閲覧は、市役所本庁舎1階「情報公開コーナー」の他、各行政センター、各地区センター・出張所、各図書館、各公民館でできます。

問合せ:秘書広報課
【電話】0288-21-5135