松屋が自販機で牛丼提供

試験導入、来年に本格展開

©一般社団法人共同通信社

松屋が導入した牛丼自販機のイメージ

 松屋フーズが自動販売機で牛丼の提供を始めたことが8日、分かった。第1弾としてゲーム大手グリーの東京都内のオフィスに5日からテスト導入した。2020年4月から本格展開する予定で、企業や商業施設などへの設置を増やしたい考えだ。

 自販機は「プレミアム牛めし」など4、5種類をそろえ、購入客は電子レンジで温めるなどして食べる。店舗で作った牛丼を午前中と昼すぎの1日2回補充しており、商品の種類は売れ行きをみて変更している。キーマカレーなど店舗にないメニューもある。値段はプレミアム牛めしが450円で、店頭で持ち帰るより高くなる。