ジャカ、新天地はブンデスか?

©フットボール・トライブ株式会社

グラニト・ジャカ 写真提供:Gettyimages

アーセナルがスイス代表MFグラニト・ジャカをブンデスリーガへ移籍させたいと考えているようだ。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

日本時間28日に行われたクリスタル・パレス戦で交代する際、ファンからブーイングを受けたジャカ。同選手はいら立ちを隠さずにベンチへと下がり、暴言を吐いた様子もカメラに抜かれてしまった。この試合以降、メンバーから外れているジャカだが、キャプテンを外されることになり、1月の移籍市場で同チームを退団することも噂されている。

そんな中、今回の報道によるとアーセナルはジャカをブンデスリーガへと移籍させたいと考えているよう。

アーセナルに加入する前はボルシア・メンヒェングラートバッハに所属していたジャカ。プレミアのサッカーには完全に適応することは出来なかったが、アーセナルはブンデスリーガで成功を収めた同選手なら買い手が見つかると考えているようだ。

現在、カウンセリングを受けているとも伝えられているジャカ。果たして、ブンデスリーガで復帰することになるのだろうか。