【バレーV1】序盤終えたヴィクトリーナ姫路 竹下佳江監督「選手が機能してきた」

©株式会社 サンテレビジョン

ヴィクトリーナ姫路(1勝6敗)3-0 日立リヴァーレ(3勝4敗)/11月3日 東京・大田区体育館

女子バレーボールVリーグ1部(V1)ヴィクトリーナ姫路が11月3日、日立リヴァーレにストレート勝ちし、V1に昇格して初勝利を挙げた。

ヴィクトリーナ姫路 竹下佳江監督 素材提供:(c)V.LEAGUE

競り合い制す

姫路は試合開始直後、金杉や吉岡のブロックなどで連続6点を奪って流れをつかみ、そのままリードを保って25-19で第1セットを取った。
第2セットは終盤もつれデュースが6回続いたが、最後に吉岡のサービスエースが決まり、31-29で姫路が連取。

新加入のイブナ・マラ(左)素材提供:(c)V.LEAGUE

第3セットも中盤まで競り合ったが、姫路がスパイクやブロックなどで日立を突き放し、25-20でストレート勝ちした。
エース金杉(21点)、元ブラジル代表イブナ(19点)、ルーキー貞包(15点)の主力3人がまんべんなく得点し、吉岡が3本のブロックを決めた。

セッターの堀込奈央(中央)素材提供:(c)V.LEAGUE

「全員で勝てた」

試合後、姫路の竹下監督は、「きょうは選手がたくましく思えた。チームの良い所がたくさん出せた試合だった」と称えた。「きょうのようなゲームを続けられるように、選手が自信を持ってプレーできるような働きかけをしていきたい」。
またインタビューに答えた金杉は「自分自身、6連敗続いて、いろんな思いがあったが、きょうはチーム全員で勝てた試合だと思います」と目を潤ませながら語った。

順位表(11月3日現在)

次戦は神戸でホームゲーム

リーグ開幕から6連敗した姫路が初勝利。ポイント「3」を獲得した。次戦は神戸で今季初のホームゲーム(11月9日 グリーンアリーナ神戸)。前回ストレート負けしたデンソー(4勝0敗)と戦う。また翌10日は同アリーナで岡山(2勝2敗)と戦う。

(浮田信明)