一宮高創立40周年で記念式典 在校生らさらなる発展誓う

©株式会社山陽新聞社

創立40周年を祝った一宮高の記念式典

 一宮高(岡山市北区楢津)の創立40周年記念式典が8日、同表町の岡山シンフォニーホールで開かれ、在校生や卒業生、教職員ら約1300人が節目を祝い、さらなる発展を誓った。

 赤木蕯校長が「高い志を持って仲間と学び合い、未来を切り開く生徒を輩出する『探究の一宮』を目指す」とあいさつ。生徒を代表して2年逢坂玲希(れの)さん(17)が「先輩が築いた精神は私たちを一歩前へ導いてくれる。挑戦を恐れず、新しい価値を創造していけるよう精進していく」と決意を述べた。(蕯は隆の生の上に一)

 東京大薬学部の池谷裕二教授による「脳の未来、AI(人工知能)の未来」と題した講演もあった。

 同高は1980年に開校。これまでに約1万4500人の卒業生を輩出している。