「大人のバイオリン教室」は解散?『G線上のあなたと私』第4話あらすじ※ネタバレ

©株式会社AXNジャパン

『G線上のあなたの私』第4話のあらすじを紹介します。也映子(演:波留)は理人(演:中川大志)と演奏会で「G線上のアリア」を演奏し、理人は片想いしていた眞於先生にフラれ、バイオリン教室に通う意味ががなくなってしまいました。也映子、理人、幸恵(演:松下由樹)の3人は「大人のバイオリン教室」の行く末は?

『G線上のあなたと私』1~3話おさらい

大人のバイオリンレッスンとは?『G線上のあなたと私』ドラマ第1話あらすじ※ネタバレあり 海外ドラマboard

『G線上のあなたと私』第2話「好きってなに?」あらすじ※ネタバレあり 海外ドラマboard

いくえみ男子が話題!「G線上のあなたと私」第3話あらすじ※ネタバレ 海外ドラマboard

「今日かわいいから、焦った・・・」
酔っぱらった理人(演:中川大志)に少し迫られた也映子(演:波瑠)は、理人の事を気にしないように、もとの生活を過ごしていました。

也映子は就活で、音楽系の出版社の面接を受けましたが、音大出身か音楽関係の仕事の経験者が優先になると言われてしまいます。
音楽関係未経験の也映子は、ハローワークでも音楽関係という希望を外せば、就職先は出てくると言われ、也映子は早々に就活という現実の壁にぶち当たります。

第4話「ラブソングじゃない」

発表会後、也映子は幸恵(演:松下由樹)と会ってお茶をしながら近況を聞きます。
幸恵は、姑のリハビリで忙しくのでレッスンに行けないとの事でした。
幸恵は、「理人くんも来るかな?」と也映子に聞きます。
也映子は理人が発表会の後に眞於先生(演:桜井ユキ)にフラれたから来ないんじゃないですかと言いますが、幸恵は、理人がフラれた事よりも、打ち上げ後に也映子と理人がどうなったか気になっていました。
也映子は理人との話題をかわし、3人でコンサートをやるアイデアを提案します。
也映子は、幸恵が発表会に出られなかった事や、理人が辞めて3人で演奏できずに終わるのはすごくもったいないと言います。
幸恵は「G線上のアリア」がもう弾けないのは悔しいといって、也映子の提案にのります。
也映子は、理人は、年内はレッスン料を払っているので、12月いっぱいで辞めるだろうと言います。

人を好きになるのは災い・・・

発表後のレッスンは、幸恵は欠席、理人も来ておらず、也映子だけでした。
眞於先生と2人きりになった也映子は、半年前に婚約破棄された話を打ち明けます。
そして、也映子にとって、「G線上のアリア」は恨みや復讐の象徴みたいな曲だったのに、発表会の時に弾いても痛くなかったと言います。
也映子は、自分なりに相手を好きだったし、何がダメだったのかなとウジウジ考えていた中で、「G線上のアリア」を弾けた事や先生に褒められたのが嬉しくて、乗り越えられたと感じていました。
でも、理人の方はバイオリンでは救われないと言います。
理人の事を言われた眞於先生は、好意を持たれたら、受け入れるか相手の納得がいくように説明しろというのは暴力、人を好きになるとか本当に暴力ですと言います。
也映子は、眞於先生の言葉に驚き、言い返せずにいると、ちょうどに理人がレッスンにやって来ました。

也映子は、眞於先生や理人の様子を見て、「みんな被害者、人を好きになるとか災いでしかない」と思うのでした。

打ち上げ後の也映子と理人

レッスン後、理人は、金を払ってるからもったいないと言ってレッスンに来る自分もカッコ悪い、でもそれで吹っ切れるかなと、也映子に言います。
也映子は、そんな理人に「その時間は無駄じゃないよ」返しました。
也映子は理人にも、コンサートの話をします。
年内でレッスンを辞めると言って断ろうとする理人に、也映子は一旦保留で考えてほしいと頼み、「理人くんがいないと嫌だよ」と言います。
そんな也映子に、理人は「一応保留で」と折れました。
そして、理人は打ち上げ後に酔っぱらって何かしたか覚えてないと言うので、也映子は何もなかったと答えました。

幸恵がバイオリン教室を退会

也映子は、面接を受けた会社から不採用の連絡がありました。
さらに従姉の晴香(演:真魚)からは、双子を妊娠した事を報告されます。
晴香は、上京してやっとの思いで美容師になれたものの、これからは双子の母親になるという不安を也映子に打ち明けました。

一方、幸恵の家では、姑が退院して自宅介護となり、幸恵は姑の世話でますます忙しくなりました。
そして、幸恵がバイオリン教室を退会するという事を、眞於先生から也映子と理人に伝えられました。
幸恵は、也映子にコンサートの話も一旦無しにしてほしいと言います。
也映子は幸恵を説得しようとしますが、「今それどころじゃないの!」と、かなり切羽詰まった様子で言い返されてしまいました。

也映子が理人に悩み相談

レッスン後のカラオケでは、也映子が幸恵の事なども含め、自分の考えが物事全般に置いてぬるいと言い出し、悩みを吐露します。
そんな也映子に、相変わらず理人は皮肉で返します。
それでも也映子は理人しか話せる人がいないと開き直り、「私、今から何かやりたいとして間に合うと思う?」と聞きます。
也映子は、幸恵のような大変な状況にある人も羨ましいと思う自分がダメだと言います。
幸恵は、きつくても反射的に受け入れるぐらい家族は大事なものだし、譲れない何かなんだと。どうして皆、大事なものや譲れないものとか、目指すものがちゃんと見つけられるのか、自分には好きな人や入れこめるものが見つけられない事がキツイと言います。
それでも生きていかなきゃいけない、と也映子は悩んでいました。
そんな也映子に対して、仕事がみつからなければ就活をして、好きな人が見つからなければ婚活でも何でもして、妥当なところをみつけていけばいいと言い、お酒も入った理人は、也映子に友達がいないの?といろんな事をズバズバと言います。

理人の想いは・・・

也映子は、幸恵の事も考えて、コンサートは一旦やめる事にしました。
大学では、結愛(演:小西はる)が理人の「G線上のアリア」の演奏を観に行った事を話します。
理人はバイオリンを続ける意味がなくなったからもう辞めると言います。
結愛は、眞於先生には他に好きな人がいるんじゃないかと言います。
理人はその事が気になり、兄の郁人に聞いてみると、眞於には誰か相手いるみたいだと、そして郁人は理人に「お前ももうやめろよ」とクギを刺します。

幸恵の家庭事情

トイレも一人でいけない姑は、要介護申請のカウンセリングで着替えもトイレも一人で出来ると言い張ります。
幸恵に也映子から、最後のレッスンだからほんのちょっとでも時間ができたら顔を出してほしいというメッセージが届きます。
幸恵からは、今は無理だと返事を受け取った也映子は、理人からも行かないという返事を受けます。

バイオリン教室にいったのが間違いだった!?

也映子は、理人の家まで訪ねていって、何があったのか聞きます。
理人は、眞於先生に付き合おうと思っている男がいると分かったとたん、急にフラれたという事実がリアルに刺さってきて、眞於先生の顔をみたら、余計なこと色々聞いて、きっともっとウザがれる事で、レッスンに行きたくなかったのです。
理人は、「やっぱりバイオリン教室に行ったのが間違いだった」と、バイオリンなんかで眞於さんと繋がってたなんて思ってた自分が笑えると言って、かなり落ち込んでいました。
そんな理人に、也映子は、「カッコ悪い、ひきずるもんなの、前にも後ろにも進めないって言ったでしょ。そんなに引きずるなら諦めないで頑張んなよ!」とカツを入れて、最後のレッスンを受けるように説得します。
也映子は、就活も婚活もする何一つも諦めてない言って、理人は、そんな也映子に「すごいですね」と言って、2人で最後のレッスンを受ける事になりました。
也映子に背中を押され、理人も少しは気持ちが軽くなったようです。

幸恵と理人、最後のレッスン

也映子と理人がバイオリン教室に行くと、幸恵が待っていました。
幸恵は、レッスンは受ける時間はないけど、2人の顔がみたくて何とか時間を作ってやって来たのです。
幸恵は、今まで色々あって、眞於先生にバイオリンを習って、也映子や理人と一緒に一生懸命練習したり、どうでもいい事をしゃべったりして本当に楽しかった、ここにきて本当によかったと言います。
そして、最後に「私、ここで救われました。しばらく来れなくなるけど、絶対戻ってくる!」と也映子、理人、眞於先生に伝え、レッスンを離れる事になりました。

也映子と理人は、レッスンを終えて2人で帰り道、眞於先生や幸恵の事を話します。
也映子の婚活の事や、良い人が見つかって結婚したら挙式で理人が「G線上のアリア」を弾いてというたわいもない話をし、そしてふと理人が也映子の手を握ります。
手を繋ぐ2人は、あと少しの時間をかみしめながら、それぞれの家路へと別れていきました。
一方、也映子は、理人と別れても頭の中で「G線上のアリア」が流れていました。
「バイオリン教室に行ったのが間違いだった」という理人の事を思い出し、「私たちの音楽はもっと違う何かだ」と思うのでした。

也映子は再スタートできるのか?

2か月後、ハローワークで音楽関係を目指すのを諦めて、前の職種を活かした職種で就活する事にしました。
バイオリン教室で上達していった也映子は、一つ上のクラスを目指すように眞於先生に提案されます。
しかし也映子は、眞於先生のバイオリンが好きではじめたので、眞於先生のクラスに留まる事にしました。
理人からはたまに眞於先生に連絡があるようですが、也映子は理人と連絡を取っていませんでした。
也映子は、季節も変わり、もう過去の事を忘れて前に進もうとしていました。
しかし、道で元婚約者すれ違い、声を掛けられてしまいます。
再スタートしようとしている也映子はどうなって行くのでしょうか!?

第五話:11月12日(火)夜10時~放送