円熟味 加藤製作所製造1課プレス係 佐々木保(ささき・たもつ)さん プレス加工ひと筋 定年後も衰えぬ情熱 1日5~6回 金型取り替え 技術で多品種小ロット支える

©株式会社中部経済新聞社

製品に細かいチェックは欠かせないという佐々木さん

 家庭電気器具部品、自動車部品、騒音防止機器(防音壁、消音機)、航空機部品などの製造を手がける加藤製作所(岐阜県中津川市)は、プレス板金部品の総合加工メーカー。創業明治21年、設立昭和29年という老舗だが、2001年から高齢者の積極雇用を始めている。その製造1課プレス係の佐々木保さん(71)は同社で約56年間、プレス加工の仕事を続けてきたベテランだ。60歳で一度定年退職し、再雇用制度で復職。その当時は今ほどシニア世代も多くなかったが、今では従業員の半数がシニアで、佐々木さんより年上もいるそうだ。佐々木さんも「仕事に年齢は関係ない」という。