オリ佐野、親背番号「41」へ決意、小瀬氏と同じ誕生日の縁も 「この背番号で活躍したい」

©株式会社Creative2

オリックス・佐野皓大【写真:荒川祐史】

佐野、小瀬氏は偶然にも誕生日が9月2日

 来季から背番号が「93」から「41」に変更されるオリックスの佐野皓大外野手が自身のインスタグラムを更新し、新背番号へ向けての決意を綴った。

 背番号「41」は2010年の春季キャンプ中に不慮の事故で亡くなった小瀬浩之氏が着用して以来、空き番となっていた。

 佐野は自身のインスタで「支配下登録させてもらう時からつけたいと言う気持ちが強く今回付けさせて頂くことになりました」と、野手転向時から思い入れのある番号だったことを明かし「自分はこの背番号で活躍したいです。応援していただければ嬉しいです」と、ファンへメッセージを綴った。

 2015年に入団してからこれまで「12」「64」「121」「93」と今回で4度目の背番号変更となった。偶然にも佐野と小瀬氏の誕生日は9月2日だ。

 これにはファンも「心から胸が熱くなっています」「41番を選んでくれてありがとう」「電光石火で駆け抜けてください」「新しい背番号もご結婚もおめでとう!」とエールを送っていた。(Full-Count編集部)