選べないけど気になる!妊婦・出産・新生児の季節による大変さの違い

©株式会社サンケイリビング新聞社

選べないけど、気になる!

我が家の子供3人はバラバラの時期に生まれています。
・長女→秋(10月)
・長男→冬(12月)
・次男→春(5月)
それぞれの季節で生んでみて、それぞれの季節なりの大変さがありましたので、それをご紹介します。
ちなみに、夏生まれは未経験なのでわかりません。(ごめんなさい)

マタニティは冬生まれが楽!

マタニティの時期は普段より体温が高いので、暑い夏は普通の人以上に暑い!
秋生まれは妊娠中期~後期が暑い時期にかかるので、大変!クーラーで冷やしすぎてもよくないし、温度管理が大変でした。
一方、春生まれは妊娠中期~後期は冬の寒い時期。冷やしすぎてもいけないから、大きいお腹が入る服をけっこう買わないといけません。夏ならユニクロのワンピースで十分なんですが…。
あと、私の場合は、スーツ&ストッキングというのもとても冷えました。
その点、冬生まれは寒くなる時期は産休に入るので、ある程度家でぬくぬくできます。一番季節的には良かったです。

新生児期は春生まれが楽!

新生児期はなんと言っても冬生まれが辛い!
産後1ヶ月のお風呂にはいれない日々が辛かったです。かといって、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになると、寒いなか赤ちゃんに先に着せないといけないので自分が寒いです。
普段の生活も新生児も風邪をひかないようにたくさん着せる必要があります。しかし、吐き戻してまた脱がす、着せるの繰り返し。洗濯物が多い上、乾きにくい。
そして秋生まれは、いざおでかけができるようになると、冬。コートをしっかり着せて…と気を使います。
一方、春生まれは新生児の頃は暖かい(暑い)ので、服も薄着で、風邪の心配が少ないのが安心です。

病気のかかりやすさは秋生まれが楽!

生まれて半年は、親からの免疫を受け継いでいるので病気になりにくいと言われています。
秋生まれの生まれて半年間は、インフルエンザなど様々な病気の流行期。その時期に免疫力があるのは親としてもありがたいもの。冬生まれも春生まれも、外に出る頃~半年間を過ぎてから冬を迎えるので、その点は大変です。特に上の子がいると、うつったりするので、悩ましいです。

私の中の結論としては、冬が大変!ということでした。
とはいえ、出産の季節はなかなか選べないもの。あらかじめ知っておくと少しだけ気分が楽になるかも!?その時期にしかとれない写真などもあるので、それぞれの季節なりに楽しみましょう。

妊娠&新生児期は冬が大変!でも、それぞれの季節なりの楽しみも!!

(文/みさっち)