モンスター新人のトンデモ発言「私より時給が高いんですからそれくらいのことしてくださいよ」

©株式会社グローバルウェイ

「なんで私がやらなくちゃいけないんですか?」と、指摘に対して逆切れする新人。

特に新入社員だと、職場の先輩や上司に注意されたり、ミスを指摘されたりした経験は誰にでもあるだろう。基本的にはその場で謝罪して次の業務に生かすものだが、中には上司の注意を不快に思うケースもある。キャリコネニュース読者からは、

「とにかく指示待ち、仕事もろくにできないのに権利は主張。しまいには裏で悪口。面と向かって文句言ってこい」(30代男性/管理・事務職)

という声が寄せられている。

「なんで私がやらなくちゃいけないんですか?」

40代技術職の男性はトラックの運転手をしていたころ、新人教育を任された。

「50代の大型経験者の新人教育を任されましたが、一般道でも持続90キロ、制限速度が時速30キロの工場内でも爆走。出入り禁止になるからやめてくれというと『ダンプはアクセルを緩めたら加速しない』と謎理論が」

新人はクビにはならなかったが、「工場に速度警告板が設置された」という。しかし一週間に3回も荷崩れを起こしたことで退職したという。

販売・サービス職の20代女性は、"使ったものは使った人が片付ける"という認識を持っていない新人に辟易している。そのことを指摘すると、

「なんで私がやらなくちゃいけないんですか?気づいた人が片付ければいいじゃないですか。私より時給が高いんですからそれくらいのことしてくださいよ」

と言われた。新人は「速攻上司に呼び出され面談後、バックレ辞めした」という。30代技術職の男性は、何度も同じミスを繰り返す新人に「ミスをなくそうと思わないのか」と聞くと「ミスをなくすってどういうことですか?」と返され、戸惑ったという。

キャリコネニュースでは引き続き「ありえない新人エピソード」「会社であったスカッとした話」のエピソードを募集しています。