imcGAMESへとサービスが移行される『Tree of Savior』日本サービスのロードマップが公開

©株式会社イード

imcGAMESへとサービスが移行される『Tree of Savior』日本サービスのロードマップが公開

imcGAMESは、ネクソンから運営を移行されるMMORPG『Tree of Savior』の日本向け新サービス開始日程についてロードマップを公開しました。

ネクソンによるサービスが11月27日をもって終了となることが発表されていた本作ですが、Steam版として11月28日15時より開始される新サービスについて詳細が案内されています。

新サービスでは既存のチームを引き継ぐことが可能な「ダリア」サーバーと、全ユーザーがチームを新規作成することになる「ラダ」サーバーの2つのサーバーで運営されます。「ダリア」サーバーへの移行申請期間は11月27日11時までとなっているので、移行ポリシーを確認の上で希望するプレイヤーは忘れずに手続きをして下さい。なお、「ダリア」サーバーにおいては移行特典、「ラダ」サーバーにおいては事前登録特典が用意されています。

『Tree of Savior』新サービスはPC(Steam)向けに2019年11月28日15時よりサービス開始予定です。