日本の渡辺・東野組、準決勝で敗退 バドミントン福州中国OP

©新華社

日本の渡辺・東野組、準決勝で敗退 バドミントン福州中国OP

 9日、試合後に肩を組む東野有紗(手前)と黄東萍。(福州=新華社記者/魏培全)

 【新華社福州11月9日】バドミントンの福州中国オープンは9日、福建省福州市で混合ダブルス準決勝が行われ、日本の渡辺勇大・東野有紗組が中国の王懿律(おう・いりつ)・黄東萍(こう・とうへい)組に0-2で破れ、決勝進出を逃した。

日本の渡辺・東野組、準決勝で敗退 バドミントン福州中国OP

 9日、試合中の渡辺勇大(左)と東野有紗。(福州=新華社記者/魏培全)

日本の渡辺・東野組、準決勝で敗退 バドミントン福州中国OP

 9日、試合中の渡辺勇大(奥)と東野有紗。(福州=新華社記者/魏培全)

日本の渡辺・東野組、準決勝で敗退 バドミントン福州中国OP

 9日、試合中の東野有紗(手前)。(福州=新華社記者/魏培全)