絶景ドゥブロブニク観光!写真スポットはここ★

©株式会社サンケイリビング新聞社

夏休み(9月)は、クロアチアと隣国ボスニア・ヘルツゴビナへ行ってきました。

クロアチアは、アドリア海の真珠『ドゥブロブニク』や絶景景勝地『プリトヴィツェ湖群国立公園』など、見どころたくさんの国!

まずは、青い海とオレンジの街並みが印象的なクロアチア・ドゥブロブニクの旅行記です。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571573764.jpg)


【観光】クロアチア ドゥブロブニク

ドゥブロブニクとは

クロアチアの南の方に位置。

真っ青な海に浮かぶオレンジ屋根の旧市街は、『アドリア海の真珠』と謳われるほど美しく、世界遺産にも登録されています。

また、ジブリ作品の『魔女の宅急便』や『紅の豚』のモデルになったとも言われています。

特に、私は幼い頃に見た『魔女の宅急便』の、オレンジの屋根が広がる中世のヨーロッパの景色に、ずっと憧れを持っていました!

旧市街

ドゥブロブニク観光のメインです。

城壁に囲まれていて、城壁内には、ショップやレストラン、教会やミュージアムなどもあります。

■城壁めぐり

入口は3ヶ所あり、順路は左まわりと決まっています。

1度出たら再入場はできないので、ご注意!

全長2kmくらいあるので、城壁を巡るだけで時間がかかります。

真夏は、直射日光がもろに当たるので、帽子と飲料水は必須。

トイレも、済ませておいた方がいいです。

時間がない方は、山側を半周するのがオススメ。

高い方から、旧市街の街並みとアドリア海を一望できるので

『聖イヴァン要塞』近くの遊歩道入口付近から撮った旧港の風景。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747386.jpg)


一番の写真スポット『ミンチェタ要塞』より。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747423.jpg)


要塞の窓越しに。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747436.jpg)


■城壁内部

城壁から出て、旧市街内の裏路地散策も楽しいです。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571752403.jpg)


旧市街内の南東、裏路地の階段。

この通りは、海外の方に人気があるようで、たくさんの方が写真撮っていました。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747452.jpg)


旧市街おすすめレストラン

【Gradska Kavana Arsenal(アーセナル)】

実は、数日前にディナータイムで事前予約をしたのですが、いっぱい。

そんなんで、予約はせずランチタイムに訪れました。

旧港の目の前洞窟のようなレストランで雰囲気いいです~♪

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747474.jpg)


『カラマリのグリル』は、周りの人たちも頼んでいる人気メニュー。

『ムール貝』は、日本と違ってすっごい小さいのも入っていたり、ワイルドな感じがしました。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571752099.jpg)


シーフードが美味しくて、店員さん親切、ドゥブロヴニク旧市街では、リーズナブルな方だと思います(旧市街は相場高いので)。

▽WEBで予約できます

Gradska Kavana Arsenal(アーセナル)

http://www.nautikarestaurants.com/gradska-kavana-arsenal/

★同じく旧市街での人気レストラン、『ナウティカ』(高級レストラン)や『ドゥブラヴカ1836』の系列らしいです。

旧市街を撮る写真スポット

■スルジ山

よく見かけるこの写真!

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571750883.jpg)


『スルジ山』山頂からになります。

スルジ山に登るためには、ケーブルカーを利用するが一般的ですが、ストライキなどで度々運休します。

私たちが行った日も謎のお休みでした。

諦めてはいけません!

以下の方法でアクセスできます。

代替案① 歩く

時間と体力がある人向け。

私たちは、真夏の35度くらいあるなか1時間以上登る気にはなれませんでした。

代替案② バスで途中まで行く

途中で降ろされます。その後も結構歩くとのこと。

歩くよりはマシだし、安くすませたい人には、良さそう。

代替案③ タクシーをチャーター

私たちはタクシーで。

相場は300Kn。乗る前に交渉しましょう。

ケーブルカーの片道代金が150Knなので、2人以上なら、ケーブルカーよりも安上がりの場合もあります。

ドライバーの方が、フォトスポットを教えてくれて、カメラマンにもなってくれました。

帰りも、行きたいところで降ろしてくれるので、時間短縮したい人にオススメです。

■バニェビーチ

こちらもよく見かける構図。

旧市街の東側のビーチからになります。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747377.jpg)


お花入りで。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747398.jpg)


本当に綺麗な海。

もちろん泳ぐことも可能なので、水着を持参するとよいです。

旧市街は、山からも海からも内部からも全てがオススメです!

アドリア海

ホテルの目の前もアドリア海の真っ青なビーチでしたーーー! しかも空いている。

[(https://city.living.jp/wp-content/uploads/2019/10/302_1571747458.jpg)


交通

■空港⇔ホテル(ラパド)

私たちは、ホテルが多い『ラパド地区』に泊まりました(ドブロブニクの西の方、旧市街からバスで30分くらいのエリア)。

空港からは、シャトルバスで旧市街まで出て、路線バスに乗り換えと非常に面倒。

私たちは、タクシーをチャーターしました。

お金はかかりますが、時間はかなり短縮されます。

■旧市街⇔ホテル(ラパド)

ラパド地区から旧市街に出るには、路線バスなのですが、わかりづらいです。

チケットは、観光客向けに観光パスがあるので、それを使いました。

バスと旧市街の入場券、旧市街のミュージアムの入場料などが入って、1day 200Kn。

ネットで事前購入しておくと10%お得です。

旧市街の入場料が150Kn、バス往復(24Kn)して、ミュージアムなどに入場するのであれば、買った方がお得かと。

> 詳しくはこちら

1day 200Kn → 180Kn

3days、1weekもあります。

物価は高め

食べ物もお土産も高めです。

ザグレブ経由であるなら、お土産はザグレブで買った方がいいと思いました。

感想

念願の魔女宅の聖地に行けて満足。

本当に真っ青な海とオレンジ色の屋根の街並みで、ジブリの世界に迷いこんだようだと、感動しました!

今まで25ヶ国くらいは海外に行ってますが、マイベスト上位になりました。

次は、『プリトヴィツェ湖群国立公園』のご紹介です。

あくまで個人の感想ですが、旅の参考になれば幸いです。

★シティリビング公式ブロガー ともみ★

都内在住。週末は登山を楽しむ、アクティブ派!

ともみさんの記事一覧

シティリビングWebのSNSもフォローしてね♪

InstagramTwitterFacebookLINE