永野さん最優秀賞 ヤマネコの事故防止啓発ポスター展

©株式会社長崎新聞社

小中学生の部で最優秀賞を受賞した永野さん=環境省対馬野生生物保護センター

 「もし私が対馬のドライバーになったら」をテーマに、国天然記念物ツシマヤマネコの保護をアピールする交通安全ポスター展の入賞者11人が決まった。小中学生の部最優秀賞には、長崎県対馬市立比田勝小4年、永野由芽さん(10)が選ばれた。
 ポスター展は2012年から開催。今回は小中学生の部に167点、一般の部に9点の計176点が寄せられた。
 永野さんは、道路を横断しているヤマネコの親子が車のライトに照らし出された場面を描き「夜道は気をつけてゆっくり走ろう!」の標語を添えた。
 同市上県町の環境省対馬野生生物保護センターで2日あった表彰式で、山本以智人(いちひと)・上席自然保護官が入賞者に表彰状を手渡した。永野さんは「1匹でもヤマネコの数が少なくならないよう、(自分が大人になったら)安全な運転を心掛けようと思って描いた」と話した。
 作品は13日まで、中学生と一般が同市美津島町の「ショッピングセンター・パル21」、小学生が同市厳原町の市交流センターで展示する。