伝統誇りに飛躍誓う 獅子舞・合唱で祝う

©株式会社北日本新聞社

式典出席者の前で披露された中島獅子舞保存会の舞

 ■富山・奥田北小50周年

富山市奥田北小学校の創立50周年を記念した式典が9日、同市下新北町の同校で開かれ、全校児童約370人や地域住民らが節目を祝った。

 同校は奥田小が児童約1800人のマンモス校になったことから、分離して創立した。

 式典では永森悦子校長と宝田昭夫実行委員長があいさつ。歴代の校長やPTA会長、地域の安全などを見守ってきた各種団体に感謝状が贈られた。児童が「永遠のキャンバス」を合唱し、日頃の感謝の気持ちを伝えた。

 アトラクションでは、地元の中島獅子舞保存会と奥田中学校吹奏楽部が、迫力のある華やかなステージを披露した。卒業生で映画監督の坂本欣弘さんが講演した。

 ■入善・黒東小40周年

 入善町黒東小学校(井田博隆校長)創立40周年記念式が9日、同校であり、全校児童137人と関係者が節目を祝い、さらなる飛躍を誓った。

 松嶋昭浩実行委員長が「元気なあいさつができるといった学校の伝統を引き継いでほしい」とあいさつ。井田校長が「地域の支援に感謝し、活力ある学校づくりに努めたい」と式辞、笹島春人町長と野島浩町議会議長が祝辞を述べた。児童代表の藤田悠斗君(6年)と濱田そよかさん(同)が喜びの言葉を話し、全員で校歌を高らかに歌った。

 式典後、児童による学習発表があり、落語家の三遊亭良楽さんが「笑いとコミュニケーション」と題して記念講演した。児童と県警音楽隊によるコンサートもあった。

記念式で校歌を歌う黒東小の児童ら