クリスマスといえばこの名曲! 今冬公開のロマコメ映画の予告が公開

©株式会社近代映画社

クリスマスの定番ソング、ワム!の「ラスト・クリスマス」を映画化した映画『ラスト・クリスマス』が2019年12月6日(金)に全国公開。このたび予告編が解禁された。

エミリア・クラークの歌う「ラスト・クリスマス」は必聴

本作は、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でハン・ソロの幼馴染役に大抜擢され、大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でも広く知られるエミリア・クラークと、全米に旋風を巻き起こした現代のシンデレラストーリー『クレイジー・リッチ!』の御曹司・ニックことヘンリー・ゴールディングという、今最も新作が期待される二人が豪華共演するロマンチック・ストーリー。

物語の舞台はクリスマスシーズンのロンドン。職場であるクリスマスショップで“ぐうたらエルフ”というあだ名をつけられてしまうほど毎日なんとなく働いてきたケイトの前に、突然現れたトムとの度重なる偶然の出会い。

本当は歌手を目指していたはずなのに、受かることのないオーディション結果に傷つき、いつしかその夢をあきらめかけ、自暴自棄になってボロボロになっていたケイトの心は、気さくで明るいトムによって癒され、急速に惹かれていく。しかし、トムとの距離は近づくのになぜか手が届かない。彼への深まる謎が明らかになった時、愛と感動に溢れた奇跡が起きる予感を感じさせる予告編となっている。

本作の原点でもあるワム!の「ラスト・クリスマス」が冒頭から流れ、映し出されるロンドンの街並み、そしてクリスマスのイルミネーションを見るだけでもワクワクが止まらない!さらに、エミリアの歌う「ラスト・クリスマス」は必聴だ。

ラスト・クリスマス
2019年12/6(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
配給:パルコ ユニバーサル映画
© 2019 UNIVERSAL STUDIOS

作品情報はこちらでもチェック!

ワム!の名曲“ラスト・クリスマス”の映画化作品が12月に公開決定 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)