ワンちゃんにも快適な老後を 老犬介護ホームって…どんな施設?

©まいどなニュース

「メロー」に入所している老犬たちは快適な老後を過ごしている

老犬も若いワンちゃんも快適に過ごせる老犬介護ホーム「MELLOW(メロー)」はだれもが預けたくなるような細やかな気配りと愛情が詰まった空間だ。大阪市城東区にオープンして間もなく3年、立ち上げた経緯と人気の理由を取材すると、そこは「自宅に帰りたくないワン」と思わせるような場所だった。

竹内秀公さん(中央)、ひろみさん(右)夫妻。左は研修生の三宅佳穂さん

「メロー」を経営しているのは竹内秀公さん、ひろみさん夫婦。先代から引き継ぎ50年続いた「竹内印刷」をたたんで1階をリニューアルし、2016年12月に開業した。きっかけは施設の名前にもなっている愛犬「メロー」の存在だった。ラブラドールレトリバー(牝、チョコレート)のメローは4匹飼っていた中の1匹。生後9カ月のとき、右後ろ足の人工股関節を手術した。

「ラブラドールは8カ月ほどで一気に成長するので関節が追いつかない場合があります。メローは股関節形成不全。手術して歩けるようにはなったけれど、階段は上れませんでした」とご主人。自宅は建物の2、3階部分。奥さんのひろみさんは「30キロありますが、ずっと抱きかかえて上ってました」と話す。

そのメローが16歳のとき、今度は口の奥にガンを発症。より介護が必要となったことでどこか預けるところはないか調べたものの、納得できる施設は見つからなかった。

「その当時、大阪市内に老犬の介護ホームは1軒もなく、できればメローと最後まで一緒にいたい、という思いもありました。それならこの場所に、と決断しました。父から譲り受けた印刷業ですが、利益が出ているうちに、と」

施設の開業にあたっては印刷工場として防音設備をしていたのがプラスに。介護にあたっては、これまでメローと過ごした経験が下地になった。

「まずは山の中の一軒家ではなく、便利な大阪市内が喜ばれるだろうと思いました。そうすれば、気軽に会いに来てもらえる。暗い、臭い、ケージに入れっぱなしにしないよう、犬のストレスにならない空間を目指しました」

基準は足腰の弱いメローを預けたくなるような施設。そこで床は滑りにくい素材に。ケージは特注し、木のぬくもりを感じさせるものにした。設置されている肉球型のカギは自身も犬を飼っている大工さんの遊び心だとか。「すべては長年家族として癒してくれた愛犬が楽しく心地よく過ごせるような場所になるよう心がけた」という。

室内は50坪あり、冷暖房完備。真ん中はフリースペースとなっており、中型犬はもちろん、大型犬も伸び伸びと動ける。「預かっているのは20匹前後。最初は戸惑う犬もいますが、元々は群れで生活していたので、みんな仲良くしていますよ」

さらに、愛犬用の歩行器や車椅子を充実させ、ワンちゃん用のトイレも設置。介護する際に最も気になる臭い対策として200万円をかけ、オゾンを使った空気清浄器を導入。この8月からオゾン水とマイクロバブルでのシャンプーなど、いいものはどんどん取り入れている。

「オゾンは脱臭と除菌効果もあるんです」と竹内さん。なるほど、室内に入った際に嫌な臭いを感じなかったのはこれらのおかげだったようだ。この日がたまたま研修初日だった神戸動植物環境専門学校の三宅佳穂さんも「とてもきれいで清潔なので驚きました。ワンちゃんたちも穏やか」と関心しきりだった。

研修生の三宅佳穂さんも「とてもきれい」と驚く環境

当然、健康面にも気を配り、ドッグフードはこれまでの経験を踏まえ「ドッグスタンス鹿肉 麴熟成」に。さらに動物専用酸素カプセル「DOGS ONE+」も設置している。

この10月に亡くなった愛犬チョコを預けていた大阪市在住の藪本みちこさんは「最初は介護施設なんて、と思いましたが、認知症になってふだんの対応に困っているときにメローさんを知り、預けることに。寝たきりで歩行を諦めていましたが、歩行器を使って散歩しているところを見たときは涙が止まりませんでした」と振り返る。その後も飼い主に寄り添い、適切な治療や親身になってアドバイスを送ってくれたという。

「預けて3日後には一人で歩けるようになり、1週間後には施設一番の走り屋に。毎日たくさんの仲間と映った動画を送ってもらい、最後の最後まで犬本来の姿で見送ることができ、感謝の言葉しかありません」

このホームでは老犬はもちろん、若いワンちゃんはペットホテルとして利用でき、年上犬と接することでしつけが身につくこともあるという。竹内さんが最後に言った。

「お世話している犬が亡くなるのはつらいですよ。でも、飼い主さんから”ありがとう”と言われると報われます。それまでクレームばかりの仕事でしたから。”ありがとう”の言葉に力をもらっています」

ペットにも飼い主にも穏やかな余生を。”犬の送り人”はそう強く願っている。

ここにいる老犬たちは穏やかな老後を送っている

▼老犬介護ホーム「メロー」
大阪市城東区放出西2-4-13(JR放出駅、鴫野駅から徒歩約15分)
電話06(6955)9001

(まいどなニュース特約・山本 智行)