玉木氏、「桜を見る会」追及へ

「後援会招待なら買収」

©一般社団法人共同通信社

記者団の取材に応じる国民民主党の玉木代表=10日、岐阜県大垣市

 国民民主党の玉木雄一郎代表は10日、首相主催の「桜を見る会」を巡り、招待の基準が不透明だとして国会で追及する考えを示した。安倍晋三首相の地元後援会メンバーを多数招いているのではないかとの共産党の指摘を踏まえ、岐阜県大垣市で記者団に「後援会旅行(費用)の肩代わりなら、税金を使った買収に見える」と批判した。

 桜を見る会の招待者や予算額について「安倍政権になって明らかに増えている」と指摘。「誰をどのような基準で選んだのか、政府に説明を求めたい」と述べた。

 与党が早期の衆院通過を目指す日米貿易協定承認案に関しては、今国会での承認反対を明言した。