カーリング、男女代表が帰国

中嶋「最低限の目標達成」

©一般社団法人共同通信社

カーリングのパシフィック・アジア選手権を終えて帰国し、取材に応じる中嶋星奈=10日、羽田空港

 中国の深センで9日に閉幕したカーリングのパシフィック・アジア選手権で、ともに準優勝だった男女日本代表が10日、羽田空港に帰国し、女子で来年3月の世界選手権(カナダ)出場枠を獲得した中部電力のスキップ中嶋星奈は「2位で悔しいけど、枠を取るという最低限の目標は達成できた」と胸をなで下ろした。

 決勝では中国に3―10と完敗。中嶋は「最終戦だけ曲がりが違い、対応しきれなかった」と反省した。世界選手権の代表選考会を兼ねた来年2月開幕の日本選手権へ「優勝して、自分たちが取った枠で世界選手権に出たい」と意欲を口にした。