中川大志、週3スナック通い「1人でカウンターで飲む」

©株式会社光文社

11月7日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した、俳優の中川大志が、意外な酒飲みエピソードを明かした。

番組では、マネージャーからの情報で、中川が「週3でスナック通い」していることが判明。

マネージャーは「中川は仕事が終わると、毎晩のように行きつけのスナックで飲んでいます。しっかりボトルキープしていて、常連さんとも仲よくなっている」と明かす。

齢21歳とは思えないエピソードに、スタジオからは驚きの声が上がったが、中川は「全然、1人でも行きます。カウンターで飲んでます」と語る。

そのスナックのオーナーによれば、「中川君は麦焼酎が好きで、多いときは1日でボトル1本空けて帰っていきます。常連客の年齢に合わせて、カラオケの歌も変えている」という。

中川は、「スナックのおもしろいところって、2日前と店のレイアウトは何も変わってない。同じ空間で店員さんも一緒のはずなのに、来てる人が変わることによって、まっく違う空間になる」と熱く話す。

店の常連とも交流するという。

「今日は何曜日だからあの人いるな、とか。今日は何々さん何時に帰るな、という感じで、店の常連さんたちのパターンがわかるんです」

「一晩いると、その夜のドラマがあるんですよね」という中川。共演するバイきんぐの小峠英二から、「数年後には店オープンさせてそう」とツッコミを入れられていた。

そんな中川は、2018年6月22日号の『週刊ザテレビジョン』で、20歳になって楽しみにしていることについてこう語っていた。

「スタッフさんや共演者の方々とお酒の席でご一緒できること。今までは打ち上げの一次会が終わると名残惜しい気持ちで皆さんを見送っていたので、これからは未知の二次会で一緒に過ごせるんだと思うとうれしいです」

今や打ち上げの二次会どころか、スナックに通いつめるほど立派な酒飲みになった中川。

俳優業では、朝ドラに続き、現在放送中のドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)で見せる演技も好評だ。今後もスナックで息抜きしながら、ますます活躍していくことだろう。