【プレミア12】侍ジャパンのライバルは打撃戦を制した強豪 A組で躍動した選手は?

©株式会社Creative2

メキシコ代表に選出されている阪神のエフレン・ナバーロ【写真:荒川祐史】

メキシコが3戦全勝で首位通過、アメリカは10本塁打とパワーで圧倒し2位通過

「プレミア12」のオープニングラウンドが終わり次なる舞台は日本で行われるスーパーラウンド。このタイミングで各チームの成績を見ていこう。3グループで行われたが、投打のバランスがグループによって大きく異なるので、グループごとに見ていく。

【グループA)
チーム勝敗と得失点差、チーム防御率、打率、本塁打。※はスーパーラウンド進出。

メキシコ 3勝0敗 24得5失 防御率1.88 打率281 2本※
アメリカ 2勝1敗 21得16失 防御率4.33 打率284 10本※
ドミニカ 1勝2敗 23得20失 防御率7.89 打率304 4本
オランダ 0勝3敗 6得33失 防御率9.78 打率198 2本

 グループAは打高投低となり、本塁打が6試合で18本も出た。3グループのホームラン総数が25本だったが72%がAグループだった。開催国メキシコは危なげなかったが、アメリカはメキシコに敗れ、ドミニカに10-8で辛勝して何とか勝ち抜けた。

○打撃10傑。

 トップリーグの場合、3試合の規定打席は10だが、グループAは6試合中2試合がコールドゲームだったため、規定打席を8とする。

1 E・クラッツ(アメリカ) 8打5安2本3点0盗 打率.625
2 N・ペリオ(メキシコ) 8打4安0本1点1盗 打率.500
3 C・バレリオ(ドミニカ) 9打4安2本5点1盗 打率.444
3 E・エスピナル(ドミニカ) 9打4安0本6点0盗 打率.444
5 A・リファエラ(オランダ) 7打3安0本0点0盗 打率.429
6 J・サラザー(メキシコ) 8打3安0本0点0盗 打率.375
6 R・ソリス(メキシコ) 8打3安1本3点0盗 打率.375
8 J・ジョーンズ(メキシコ) 11打4安0本1点0盗 打率.364
8 R・ダルベック(アメリカ) 11打4安2本6点0盗 打率.364
8 C・ぺゲーロ(ドミニカ) 11打4安1本3点0盗 打率.364

MLB通算30本塁打のクラッツが首位打者、中日のロメロは10奪を奪う

 首位打者のエリック・クラッツはヤンキース傘下。MLB通算で30本塁打を打っている。2位のノア・ペリオはメキシコでプレー、メジャー経験のない28歳だ。3位のチャーリー・バレリオは、現在は米独立リーグでプレーする29歳。8位タイのカルロス・ペゲーロは、昨年まで楽天でプレー。マリナーズ時代はイチローのチームメイトだった。

 これらの選手はMLBなどのスカウトに目が留まることも視野にしてプレーしている。グループAの本塁打王は、クラッツ、バレリオ、ダルベックの2本。打点王はエスピナルとダルベックの6打点だった。

○投手10傑。2回1/3以上。

1 C・ポンセ(アメリカ) 1勝0敗5回 5K 防御率0.00
1 A・レイエス(メキシコ) 0勝0敗3回 5K 防御率0.00
1 H・カステラノス(メキシコ) 1勝0敗2回1/3 0K 防御率0.00
1 P・ダンズヒー(アメリカ) 0勝0敗2回1/3 3K 防御率0.00
5 E・ベラ(メキシコ) 0勝0敗4回 1K 防御率2.25
6 T・ハウク(アメリカ) 0勝1敗4回1/3 6K 防御率4.15
7 H・ラミレス(メキシコ) 0勝0敗3回 1K 防御率6.00
7 R・コーデマンス(オランダ) 0勝1敗3回 2K 防御率6
9 E・ロメロ(ドミニカ) 0勝1敗4回1/3 10K 防御率8.31
10 E・サンタナ(ドミニカ) 0勝0敗2回1/3 2K 防御率11.57

 コディ・ポンセはオープニングゲームでオランダを5回まで零封。パイレーツ傘下の2Aで投げている。この中では、10位のアービン・サンタナが大物といえる。MLB通算149勝を挙げ、オールスターにも2回出場。しかし36歳の今季はメッツ傘下のマイナーでプレー。プレミア12でも結果を出せなかった、最多奪三振は中日でプレーするエンニー・ロメロの10三振だった。(広尾晃 / Koh Hiroo)