スペイン、極右政党が第3党に

再選挙、左派が首位維持

©一般社団法人共同通信社

支持者の前に姿を見せる極右政党ボックス(VOX)の指導者=10日、マドリード(AP=共同)

 【マドリード共同】スペインで4月に続き今年2度目となる総選挙が10日行われ、即日開票の結果、下院(定数350)では、北東部カタルーニャ自治州の独立問題で強硬姿勢を示す極右政党ボックス(VOX)が52議席を獲得、前回の24議席から2倍超に増加させ第3党に躍進した。前回下院に初進出したVOXは、国内での政治基盤を一層強化した。

 第1党は、サンチェス首相率いる穏健左派の社会労働党(PSOE)が維持したが、議席を120(前回123)に減らし過半数がさらに遠のいた。2015年以降、総選挙を4度も行った政治の不安定さが解消するめどは立たないままだ。

スペイン・マドリードの社会労働党本部前で話すサンチェス首相(中央)=11日(ゲッティ=共同)