阪南大高と興國が頂上決戦へ

©サッカードットコム株式会社

 11月10日、第98回全国高校サッカー選手権大阪予選の準決勝2試合がヤンマーフィールドで行われ、プリンスリーグ関西勢の4校が激突し、阪南大高と興國が決勝進出を果たした。

 第1試合では4年ぶりの全国を目指す阪南大高と17年ぶりの全国を目指す金光大阪が激突し、FW篠畑純也の先制弾などにより5-1で阪南大高が勝った。第2試合では毎年プロを輩出する選手権初出場を狙う興國が8年ぶりの全国を目指す2戦連続PK勝ちで4強入りを決めた近大附をFW山崎希一らのゴールにより3-1で下し優勝に王手をかけた。決勝は16日にヤンマースタジアム長居で開催される。