大作戦レポート

©株式会社VOTE FOR

半田市では「みんなでいっしょに大作戦」を合言葉に、市民のみなさんと力を合わせて、より住みやすいまちにしていくことを目指しています。
このコーナーでは、さまざまな取り組みをされている市民のみなさんの顔とともに、その取り組みの様子をお届けします。

■音楽の力で賑わい創出!~ストリートピアノが設置されました~
今回の大作戦でいっしょに取り組んだみなさん:
(株)マツイシ楽器店
(株)トロワ・アバンセ

9月28日(土)クラシティ1階で“お絵描きピアノ”の贈呈式が行われました。
このピアノは半田市を「音楽が溢れる街にしたい」との思いから(株)マツイシ楽器店からクラシティに贈呈されたものです。9月7、8日に開催された半田図書館前通り商店街のイベント「二ツ坂カーニバル」では、約70人の子どもたちによって白く塗装されたアップライトピアノに知多半島の恵み「海」と「山」をテーマとした絵が描かれました。
贈呈式では、半田市在住のピアニストの沢田蒼梧さんによる演奏が行われ、ピアノから奏でられる心地の良いメロディが行き交う人々の足を止め、たくさんの拍手に会場が包まれました。また、演奏後にはピアノに描かれた色鮮やかな貝や魚の絵を鑑賞する人や鍵盤に触れて楽しむ人など、世界に1つだけのピアノを人それぞれに楽しんでいました。
“お絵描きピアノ”は、クラシティに訪れる人たちの新たな交流の場となるよう、誰でも自由に弾くことのできる“ストリートピアノ”として、クラシティ1階に常設されています。
※演奏可能時間は、10時~20時

■コミュニティ・スクールの紹介《乙川東小学校》
市内の小中学校では、「コミュニティ・スクール制度」(保護者や地域住民のみなさんと子どもたちを育てていく仕組み)を取り入れています。
乙川東小学校には、地域のみなさんの存在が欠かせない「地域ふれあい活動推進協議会」があります。老人会・区長会・子ども会、おつひサポーター、伝統芸能、学校支援の方々が子どもたちの成長の力になっています。中でもおつひサポーターのみなさんには、花づくり・読み聞かせ・蔵書点検・環境整備・学習補助・校外学習などいろいろな場面で活動いただいています。開校60年となる今年度は、本校卒業生で落語家の三遊亭とん馬氏(真打ち三代目)のご協力により、9月と10月に「先輩から学ぶ会」と「ワークショップ」を行いました。11月に開催する記念式典にもお越しいただく予定です。