宿泊者特典が凄すぎる!上海ディズニー公式「トイ・ストーリーホテル」

©株式会社サンケイリビング新聞社

上海ディズニーランド公式のディズニーホテルに宿泊してきました

上海ディズニーランドのオープンと同時に開業したディズニーホテルは以下2つ。
①上海ディズニーランドホテル(豪華)
②トイ・ストーリーホテル(リーズナブル)
わが家は、『トイ・ストーリーホテル』に宿泊してきました。決め手は単純に【ランドホテルより安いから。】なのですが(笑)、こんなに充実しててこの値段で良いの!?と思えるほど大満足な滞在を体験できました。めーっちゃおススメホテルです!

*参考*
ガーデンビュールーム(2泊/室、食事なし)
11/2(休日)1,160元
11/3(平日)1,000元
サービス料 324元

合計:2,484元(≒42,228円)→家族で泊まって1泊2万円ちょい。安っ!

2泊以上利用する場合、公式ホームページから予約をすると25%OFF(上記は割引後価格)になります。英語表記だけど、手続きは難しくなかったです。キャンセルする場合、電話での申し込みになるから、その点がめんどくさいかな。

ホテル全体がトイ・ストーリーの世界感に溢れてる!

ホテル外観の色彩がすでにトイ(おもちゃ)感が出てます。「ディズニーホテル=豪華・敷居が高い」イメージから、親しみやすくアットホームな雰囲気を与えてくれるデザイン。

エントランスロビーも、遊び心があるカラフルな内装。東京ディズニーホテルと同じく、ロビーにはディズニーチャンネルが常時流れているスペースがあります。

ホテル建物の形は、上から見ると8の字になっていて、宿泊棟の半分が【ウッディ棟】、もう一方が【バズ・ライトイヤー棟】となっており雰囲気がガラリと変わります。

8の字の輪っか(囲われた)部分は中庭で、巨大オブジェ(ウッディ・バズ・グリーンメンが乗り込んだロケット)がどーん。

壁面にはトイ・ストーリーキャラクターたちの色んな絵が飾られています。壁一面サイズの巨大な絵画や、貴重なスケッチ画、ウッディ&バズの友情がジワる絵。

廊下を歩くだけでも楽しい!

エレベーターに乗り込むと、ウッディの声(中国語)が聞こえてきます。バズ棟だったらバズの声(中国語)なのかも。

室内設備の紹介

敷地面積があまり広くないトイ・ストーリーホテルですが、室内面積もあまり広くはないです。ダブルベッド2台と2人掛け丸テーブル、スーツケース1つ広げたらいっぱいいっぱいな感じ。面積だけで言えば値段相応かな?

だけど、こだわりがスゴイ!写真に納まりきれてない部分もトイ・ストーリー感でいっぱい。

2019年7月からの条例により、アメニティ提供が一部廃止になったため、歯ブラシ・クシ・髭剃りなどの備え付けがなくなりました。シャンプー&リンス・ボディソープは壁に備え付けられたタイプでした。フロントで申し出ればもらえるそうですが手間なので、アメニティ類は持参した方がよさそうです。

宿泊者特典がスゴイ

【ディズニーホテル特典】
①無料WiFi
②ディズニーランド・地下鉄ディズニーランド駅(迪士尼站)への無料シャトルバス送迎
③ミネラルウォーター6本/泊
④レストラン優先予約
⑤パーク内で購入したグッズをホテルまで無料配送(ホテル内ショップで受取)
⑥手荷物をパーク入口近くの「 Package pick-up」、又は他ディズニーホテルへ無料配送
⑦ディズニーキャラクターたちとホテルでグリーティング
⑧プレイルーム完備
⑨「Wishing star park」(パーク外の無料の遊び場)が、一般より早く利用できる
⑩入園保証でパークチケットが購入できる
⑪1泊につき1つ×人数分、翌日利用できるファストパスがもらえる!(時間指定あり、ソアリンはディズニーランドホテル宿泊者のみ)
⑫開園時間の1時間前に入園できる!!

⑪⑫に関して、日本では考えられないほど豪華特典じゃないですか!?これだけでもディズニーホテルに泊まる価値ありです。ホテルスタッフさんたちの対応も素晴らしくて、パークチケットを購入した際に、上海ディズニーランド公式アプリへのリンクなど必要な手続きをぜーんぶやってくれました。(上海ディズニーランドは公式アプリ必須です!)

空港からのアクセス方法

空港からディズニーランド駅(迪士尼站)まで電車を利用し、駅から無料シャトルバスでホテルで来る方法が最安ですが、かーなーり遠回り(1時間以上かかる)ですし、子連れなら断然タクシーをおすすめします。

上海空港に到着後、タクシー乗り場を目指します。案内がデカデカ出てるので迷うことはほぼありません。案内係の職員の指示に従ってタクシーに乗車。出発前に職員さんがタクシー内の様子を写メするなど、かなり厳重なチェックがあるのでぼったくりタクシーに乗り合わせることはまずないと思います。

20時過ぎの乗車でホテルまで約30分、70元(≒1,190円)でした。チップ不要。トランクへの荷物預けも無料。

日本語・英語は通じないので、行き先を中国語で書いたメモを用意しました。Googleマップの中国版「百度地図」アプリもダウンロードしておきました。

※中国内はネット規制が厳しくて、日本人がよく使うGoogle 、yahoo!、SNS使えません。

日本でも2021年にトイ・ストーリーホテルが開業予定だそうですが…

日本よりひと足早くトイ・ストーリー感を味わいたいなら、ぜひ上海ディズニー『トイ・ストーリーホテル』へ!

リンク一覧

(文/さいかな)